色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
フランスで出会った鳥2
2011年 12月 05日 (月) 15:59 | 編集
まずはとにかくこの絵を見て欲しい。


111205-01.jpg

酷い絵! 汚い字…
これはオンフルールでの自由散策の時間、姉と、ツアーで仲良くなった方と3人で歩いていて小鳥を見つけ、しかし高い樹上の枝の中で実を食べていたのでまったく写真が撮れず、双眼鏡で少し観察できた印象を2人を追いかけて早歩きしながら慌てて書き留めたフィールドノートです。
こんなしょうもない絵で同定の足しになるんかいな…と自分の記憶スケッチ力を情けなく思いながらも、帰国して一応コリンズバードガイドをめくってみると…

111205-02.jpg

居たーーーー!!!!!

私の記憶間違ってなかった…!
学名 Sylvia atricapilla 英名 Blackcap
和名はズグロムシクイ。ちゃんと分布も合ってます。
あんなんでもちゃんと書き留めておくもんですね…このメモが無かったら、記憶がどんどんあやふやになって同定しきれなかったと思います。その場のスケッチ、大事。ポイントさえ抑えれば、多少ぐちゃぐちゃでも役に立つようです。


じゃあ上の鳥はなんだろうとぺらぺらめくると、こっちもありましたありました!
111205-03.jpg
ズアオアトリ。の、雌。
きっとフランス行けば見られるだろうと期待していた鳥でした。
雄の姿はインプットしていたので違う日に見た時すぐわかったんですが、この時のこの鳥はズアオアトリの雌とはわからずとりあえず一緒にメモしといたのでした。
この子は鳴きながら実をついばんでいたので、聞こえた通りに文字にしてトィトィ!と(笑)

久々に 観察→記憶→図鑑で検索、同定 という楽しみを味わったような気がする(^^)
野鳥観察はこれだから楽しくてやめられません。
フランスで出会った犬
2011年 12月 01日 (木) 16:28 | 編集
フランスから無事戻りました! スリにも遭わず、毎日楽しく。よかったよかった。

さて、今回のフランス行きの目標の一つが、

フランスで犬の散歩してる飼い主さんに声をかけて、ヤシカで写真を撮らせてもらうこと!

ということで、事前になんて声かければいいか調べてから臨みました。
「写真を撮ってもいいですか?」をフランス語に訳すとちょっと発音し辛い感じになってしまったので、ここは簡単に「フォト、シルブプレ?」で勝負することに。
まずはボンジュール!と挨拶し、フォトシルブプレ?と訊き、「ウィ!」と返してもらえたら写真を撮らせてもらって最後は「メルシー!」
笑顔があればなんとかなるでしょう! ということでドキドキしながらフランス人に声かけて撮影してきました。

撮影機材は YASHICA ELECTRO35GL 、フィルムは富士フィルムのカラーネガ、ISO400で。
飼い主さんたちの素敵なお顔も一緒に写したんですが、ブログに載せていいかってことまでは聞けなかったので顔は外してトリミングしてます。ちょっと残念…

FH000024.jpg
勇気を出して声をかけたフランス人第一号は、モンサンミッシェルで観光客の列が過ぎるのを待っていたおじさま。
白黒のジャックラッセルテリアでしょうか、観光客が気になって後ろを向いてしまうのを、口笛を吹いたりしてこっちを向くようにしてくれました。ニッパーちゃんみたいな子ですね。

初めてのことなので一枚撮らせてもらうだけでいっぱいいっぱい。
でもおじさんのおかげでちゃんとふたりとも写りました。ありがとう!


お次はオンフルールにて。
ここではたくさんの犬と出会えました。その分、ウンチもそこら中に(笑)
FH010020_20111201160104.jpg
小さな船の中に、小さな犬が! ツアーの列の中からだったので、声をかけずに撮っちゃいました。
しっかりこっちを気にしてますね。港町らしい写真が撮れて良かった。
フランスはテリア系が多いようです。

FH020005.jpg
自由散策時間、街中を散歩していると、可愛らしい看板犬を発見!
奥でまさに絵を描いているおじいさんの画廊を守る、ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア。
しゃがんで気を引くとプリプリとしっぽを振ってくれたけど、決してそこから動くことはありませんでした。
いい子。

FH020007_20111201160104.jpg
こちらはおもちゃ屋さんの前で出会ったマダムとホワイトシェパード。
初めてホワイトシェパード見たけど、かっこいい! そしてとっても優しい顔。
この後おもちゃ屋さんに入ったんですが、このふたりも入って何やら店員と話していました。
フランスはお店もメトロも基本的に犬OKなんですね。

FH020009_20111201160104.jpg
またまたカッコイイ今度は2匹連れ。
友達とお話中だったのですが、あんまりかっこよかったもんだから「エクスクゼモワ?」って話しかけたら撮らせてくれました。お兄さんも犬たちもこちらをあまり気にせずクールです。
この飼い主さんとは3回もすれ違いました。たくさん散歩するんだなぁ。

FH020010_20111201160113.jpg
住宅の並びを歩いていると、ちょうど家から出てきたマダムと嬉しそうに主人の顔を見つめながらまとわりつく犬に遭遇。ボーダーコリー風の黒いワンちゃん、何犬なんでしょう。
話しかけてから撮らせてもらってさよならするまでずっとマダムの顔を見続けていました。いい子いい子。

FH020011.jpg
こちらはなんのお店だったかしら、看板犬のジャックラッセルテリア。
ジッと座って外を眺めていたのでパチリ。手前の白いのはもう一匹のマルチーズかなにか。

オンフルールはここまで、最後はパリで出会ったふたり。
パリでは動物園や美術館に入っている時間が長かったのと、なんとなく忙しそうな雰囲気に遠慮してしまい一組しか写真を撮れませんでした。
FH000022_20111201160104.jpg
ルーブル美術館を後にして姉と歩きながらふらふらと写真を撮り歩いていたら、「Can you speak English?」と声をかけてきて、あなたそんな写真撮ってて後ろに気をつけないとスリとか居るのよ!って英語で注意してくれた優しいマダム。
せっかく交流したのでついでに写真を撮らせてもらったら、ご主人の顔を見ておすわりをするためお尻ばっかり向けてしまうワンちゃん。大きくて黒くて、スタンダードプードルをもっともさもさにした感じだけどなんて犬でしょう。

FH000023_20111201160104.jpg
最後に一瞬だけこちら(ではないけど)を向いてくれて良い表情をいただけました。

みんないい人で、よかった。楽しい撮り歩きになりました。
Merci Beaucoup!!!

フランス行ってきます
2011年 11月 23日 (水) 06:26 | 編集
これから1週間ほどフランス行ってきますです。

鳥見れるかなー! とか フィルムカメラ持ってって写真たくさん撮ってくるんだぜ♪ とか大ハリキリで準備してたら出発前々日に腰を痛めるという大失態をやらかしたため無理できなくなっちまいました。
ぎっくり腰かと思ってショックだったよ。でも痛くても自分で歩けたし、ちっともぎっくりじゃなかったのでした。
運動不足だって(笑)いや笑えん

なので、カメラはG11オンリー…と思ってショボーンとしていたらだんなが別にヤシカくらい持ってけば?と言ってくれたので喜んで連れて行くことに。優柔不断で人の意見を良しとしようとする弱い私…
ちなみにヤシカって正確にはYASHICA ELECTRO35GL っていう義父にいただいた37年前のフィルムカメラなんですよ。F1.7の明るいレンズで実に良い写り。たくさん撮れたら年末に持ってって見せるんだ。

双眼鏡は当然持ってくよ (`・ω・´) 望遠レンズは持ち合わせないので、なんか居たら目に焼き付けてくるばい。
一般公開されたものとしては最古の動物園のひとつと言われているメナジェリーにも行ってきます。

ではでは、スリなどに遭わぬよう気を引き締めつつ楽しんで参ります。
伊良湖の朝
2011年 10月 27日 (木) 12:16 | 編集
111027-01.jpg
日の出前
夜の灯りがまだ残っている海岸線

111027-02.jpg
伊良湖ビューホテルの展望台に宿泊客が集まり、皆でご来光を待つ

111027-03.jpg
なかなか出てこない太陽がやっと顔を出すと、誰からとも無く拍手がわき起こる

111027-04.jpg
初めて泊まったけれど、ビューホテルの名に恥じない眺めだった

111027-05.jpg

111027-06.jpg
反対側は伊良湖岬と恋路が浜

111027-07.jpg
部屋はもちろんオーシャンビュー
ここからオオアジサシの群と黒いクロサギを見ることができた

111027-08.jpg
朝食バイキングは岬を眺めながら
窓のすぐ外をヒヨドリやイワツバメが川のように流れていった

…イワツバメの大規模な渡りを見たのは初めてで大興奮、なんとも消化に悪い朝食でした(笑)
食事の内容は大変美味しかったですよ。
「紙で作るモータースポーツの世界3」in F1日本GP 2011【準備日編】
2011年 10月 20日 (木) 00:46 | 編集
111014-01.jpg
展示準備日の10月6日、朝5時半頃自宅を車で出発してお昼前に鈴鹿入り。
風が強いけど、前日までの雨もあがってスカンと晴れてくれました。
F1ウィーク初日ということで、少ないながらもお客さんの姿があります。

111017-02.jpg
他の参加者さんたちが到着するまでのほんのちょっとの自由時間、せっかくなのでその時やっていた可夢偉参加のイベントをチラッと見学に。というか、だんなが転がるフォーミュラマシン用の坂をサーキットっぽくするためにスタートグリッドの写真を撮りに行くのについて行ったら可夢偉がいたっていうほうが正しいか。
写真の右のほうの白い人がその人。BOX KARTグランプリなんて楽しそうなことやってました。

G11でですが表彰式の楽しそうな様子の動画も撮ったので、ノーカットでアップしました。
この時ハンディカム持ってなかったことが悔やまれる…!



111017-03.jpg
設営前にお昼だけ済ませとかないといけないので、鈴鹿名物っぽい?トンテキとやらを食べました。
豚のステーキ。ニンニクが乗ってて美味しいけど自分が臭くなって焦りました。臭かったろうな。

111017-04.jpg
その後皆さん到着してからはひたすら設営、設営、設営でやっと作業が終わった頃には21時をまわっていました。
私は作る人じゃないから何をどこに置くとかさっぱりわからんので、なるべく邪魔にならないように写真を撮ったり制作体験用の展開図を準備したりなど…

今回は屋外設置のテント内で、前面は開放状態になるので作品が飛んでしまうことのないようほとんどの作品はケースに入れての展示。前回よりスペースが小さいということで、その分立体的な展示になりました。
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...