色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
多肉の紅葉
2012年 01月 23日 (月) 23:04 | 編集
120123-04.jpg
ベランダでせっせと日に当ててる多肉たち、紅葉真っ最中です。
虹の玉とブロンズ姫のちっさい寄せ植え。一昨年の暮れに葉挿しした子らが大きくなった姿です。
1年ちょっと経ってるけど、かなり水控えめにしてきたのであんまり大きくなってないかも。

120123-01.jpg
同じ葉挿しっ子ブロンズ姫の缶詰め。
みっちみちになった後、今度は徐々にスカスカしてきました。春になったら植え替えようかどうしようか。
ブロンズ姫のピンクは好き。

120123-03.jpg
違う種類の多肉鉢に紛れてちょろりと生えていたのを分離して育ててみた真っ赤な多肉。
育ってきてやっと、どうやらクラッスラ属の紅稚児じゃないかと判明しました。
札の無い多肉はほんとよくわからんです。
3つに枝分かれして、それぞれの頭に花芽が。春までには咲くのかな、楽しみ。
小さくても一番濃く赤くなって主張する姿が好きなので、今年はわさわさに増えていただきたい多肉。

120123-02.jpg
最後にこれは最近ホームセンターで買ってきて、とにかくまずは育っていただこうと単体で植えてみた乙女心。
気持ち悪いくらい増えてほしいなと思ってるんですが、葉挿しするもんじゃないらしいので子株を出すのを待てばいいのかな?
既に頭から小さいのがちょろりと出ているんだけど、これが子株なのか花芽なのかよくわかりません。
どちらにせよ楽しみ。どんどん下葉が枯れて行くのにボリュームが変わってない所を見るに、成長が早いので今後に期待です。
初雪
2012年 01月 20日 (金) 10:50 | 編集
120120-01.jpg
雪が薄く積もりました。
今日は地味に一日降り続きそうな感じ。

120120-02.jpg
多肉、月兎耳やら子宝草に不死鳥を筆頭に、水やっちゃったのとかちょっと元気無いアロエなど半分ほどは部屋に入れましたが、半分はベランダ放置。朝大丈夫なら今日のうちは大丈夫でしょう。
写真に写ってるのは雪の積もった多肉たち。なんとなく増やしてる虹の玉やら、先日のびのびになっちゃってるのをホームセンターで買ってきて更新中のセダム盛り合わせ。

120120-03.jpg
こちらはほぼ一日中日照を得られるし壁よりでちょっと暖かい場所な可愛がってる多肉たち。
北風なら雨も雪もほとんど当たりません。

しかし多肉の紅葉ってほんとにおもしろい。紅葉してない青々とした姿も大好き。
春が待ち遠しいね。
チランジア買いましてん
2012年 01月 14日 (土) 22:27 | 編集
P1140075.jpg
昨日、散歩に出かけた先のホームセンターで多肉欲には打ち勝ったのですが、鉾先が他の植物に移っただけという実に残念な結果となり、僅かな罪悪感とともにるんるんで帰って参りました。
チランジア。エアープランツとかいわれてるあれです。

帰ってきてから栽培方法を詳しく調べ始める私。いつもそんな感じです。

というか昔、いくつかチランジアを買ったことがありまして、くっついてた札に書いてあったとおり水に浸けて何時間も放置してみたりしたんですが物の見事に枯れまして。それ以来怖くて手を出せなかったんですが、ちょっと観葉植物やら多肉やらで自信がついたからって手が伸びてしまった次第。
ほんとは多肉だってたいしてまともに育てられてないのに、我ながら愚かな…

さすがに今度はもっとちゃんと調べてなんとしても生きて育って花咲かせて子を作ってもらいたいところ。
とにかく何かに固定して、水に浸けるようなことはせずしかし毎日でもしっかり水をかけること、そして風通しをよくして日にもあてちゃること、そんな感じだったので見よう見まねで写真のようにこしらえてみました。
ヤモリケージのお下がりコルクに水苔を添えて。

もっとコルクに垂直にくっつけてやるべきだったのかもしれない。


種類はチランジア・シュードベイレイというらしい。

我が家の唯一暖かくて空気の動いている部屋は超乾燥状態なので難しそうですが、せっせと霧吹きして管理してみようかと思います。無事大きくなったらまた登場させますね。
冬に買ったりしてごめんよチランジア。
最近の多肉たち
2011年 12月 21日 (水) 17:12 | 編集
我が家の多肉、最近の様子を一部。

111221-01.jpg
うちで唯一のハオルチアで唯一室内栽培の多肉、花鏡。
北側の寒い窓辺に置いてるもんだからあまり面倒見てなくて水やりをサボっていたらシオシオのベコベコになってしまっていたので、このままじゃ枯れると慌てて数日おきに水をやって毎日朝晩霧吹きしてやるようにしたら少なくとも親株はあっという間にパツンとなりました。子株はまだへこん。ビフォーな写真も撮っとけばよかったな。
あぁ、私のずさんな管理のおかげでハオルチアなのに透明窓が曇ってる。ごめんね。
しかしよく見ると真ん中に花芽が見え始めてます。わくわく。

いちおう昼間は外に、夜はいつもの寒い窓辺って管理を冬の間してみようかなーなんて思ってます。
春になったら子株を親離れさせようね。

111221-02.jpg
こちら外に放置のなんでもぶっ込みプランター。地味に気に入ってる。
去年の夏に平太のためにと買ったベビーリーフ栽培キットの成れの果て。
野菜を育て終わったあとそのまま放置し、雨に打たれて土が飛び散って減り、そんなどうしようもない白いプラスチックのプランターにポロポロこぼれた虹の玉やらブロンズ姫の葉っぱやカイガラムシに襲われて剪定したリトルジェムなどをぽいぽい放り込んで放置してたら案外調子よく生きてらっしゃる現状。水も雨にお任せです。
そんなんだからちっとも育ちゃしないんですけどね。

外に出しっぱなし放置で越冬出来ちゃうかしらとか目論まれてる可哀想な鉢ですがきっと大丈夫なんじゃないかと思っちゃってます。春にまたお見せできるといいのだけど。春まで耐えてくれたらちゃんとした鉢に植え替えてあげようかなとも思います。
でもそうやって大事にし始めた途端うまくいかなくなりそうなんて根拠も無く不安になるなど。
土のある庭だったら地植えにしちゃうんだけどねぇ。

111221-03.jpg
こちらはベランダでわりかしちゃんと管理されてる紅葉中の秋麗。
カイガラムシが成長点に潜り込んでたのを除去したせいでちょっと指の痕がきちゃない。
暴れ始めてるのでひとりだけ飛び出ちゃった写真。
後ろに写ってる黄色いのは銘月、横に虹の玉とブロンズ姫が植わってます。
みんなして伸びて下葉を落としちゃって足下すかすか。植え替えて何か足したい感じです。

基本カラカラの厳しめテラコッタなのであんまり育たなかったなぁ。来年はもうちょい優しくしようかしら

111221-04.jpg
そして我が家で一番日照を得られる物干し竿にぶら下がってるのはワーテルメイエリー。
いくらでも紅葉してほしかったのでここに。
花芽が伸びてるのでしばらくしたら咲いてくれるのでしょう。
でも、クラッスラの花ってそんなに好みじゃないのがざんねん。でも咲いたらちゃんとアップしよう。


…毎日様子見てるのに多肉の写真ってロクに撮ってなくてあまりお見せするもんがありませんでした。
せっかく一眼持ってるんだしもっと写真撮ろー
花の寄せ植え
2011年 12月 13日 (火) 16:07 | 編集
111213-01.jpg
私にしては珍しく、というか初めてですがお花を育ててみることにしました。
いつかやってみたいと思ってた寄せ植え。高校の先輩に触発されて、ちょっと寒くなっちゃったけど始めることに。
あまり派手過ぎないようにと考えながら買ったら、地味になりすぎたかな?

111213-03.jpg
ビオラひとつめ、ワインレッドなビオラ。

実はディズニーアニメの不思議の国のアリスのせいでか子どもの頃からパンジーがどうも苦手で(ほら、今にも喋りだしそうだしあんまり性格良くなさそうだったし)、ビオラもパッと見同じだから一緒くたにしてたんですが、最近ホームセンターでビオラの小さな花を見かけるとなんだか可愛らしいなーと思えてきて気になってたんです。
そこらに生えてるスミレなんかはもともと好きで、なんだよく見りゃビオラもかわいいじゃないかと。

111213-04.jpg
こちらは軽井沢ビオラ、ジュリーという名札で売っていたもの。
いろいろあるんですね、知らなかった。スミレらしい姿が可愛らしかったので、購入。

111213-05.jpg
これはまた普通の100円もしないビオラ、小さい花がちょろっとしか咲いてなかったけど、これから咲いてくれることを願って…
なるべく健康そうな株を独断と偏見で選んできたつもりだけど、どうだろう。時間が結果を教えてくれるかな。

111213-06.jpg
お次は脇役、コンボルブルス スノーエンジェルとやら。
ヒルガオ科セイヨウヒルガオ属の常緑低木だそうで。
冬は-5℃まで耐えて、夏越しもできるそうですよ。夏には白いヒルガオらしい花を咲かせるとか。
いつまで脇役でいてくれるか若干心配ですが元気に育って欲しいものです。

111213-07.jpg
もひとつ白系の脇役、ヘリクリサム コルマとやら。
こっちはキク科ヘリクリスム属の常緑多年草だそう。
いつかシルバーリーフを庭にと思ってたので、ちょっと嬉しい存在です。やっぱ葉っぱ好きなんだな私…

111213-02.jpg
憧れの脇役、ハツユキカズラ。この方も耐寒性抜群。
憧れって別にどこにだって売ってるんですが、今まで特に縁はなく、でも人んちの庭に見つけるといいなぁ~なんて思ってたんです。緑に白にピンク、最高に可愛い。
もこもこに育ってはみ出てくれるといいな。

111213-08.jpg
最後にメインのサザンクロス・ホワイトピンク。
ミカン科 クロウェア属だそうで。たしかにミカンっぽいお花。
高さのある植物をひとつ入れたくていろいろ探したんですが、赤い茎に茶っぽい黄緑色の尖った葉が素敵な…ってまた枝とか葉っぱ見てるし…花を育てる気はあるのか私は(笑)
でも花の控えめな感じと、落ち着いたピンク色の可愛いつぼみが気に入ってます。

111213-09.jpg
玄関の外の一番目立つところに。
誰も枯れませんように。
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...