色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海へ
2008年 10月 10日 (金) 20:55 | 編集
081010-01asagimadara.jpg
海上へと旅立つアサギマダラ

不思議な光景
飛翔
2008年 10月 09日 (木) 22:23 | 編集
081009-01hati.jpg
伊良湖と言ったら渡る鷹。
鷹の飛翔写真を過去3年より上手く撮る! と意気込んでいただけにこの惨敗っぷりにはショックを隠す気にもなりません。
それでもハチクマは今までで一番ちゃんと撮れてるんだけどね。
たぶん今まで見た中で一番、青空の中を割合低めにゆっくり飛んでくれたから。
この白いハチクマを見るのに憧れていたのでこれは嬉しかった。ミサゴみたい!

081009-02hati.jpg
ほかはこんなボヤっとした写真ばかり。これもハチクマ。
ちょっとイヌワシチックでかっちょいいでないかい。

081009-03misago.jpg
ミサゴ。
愛するミサゴがすべてブレていたという現実。
もっと感度を上げてしまえばよかったというんだろうか。
あんなにミサゴ自らサービスしてくれたというのに、不甲斐ないったらありゃしない。

こんな感じだったので主役のサシバもやたら多かったノスリもちょこちょこ出てきたチゴハヤブサも載せられないです。くやしいよ。また来年、だね。


081009-04isohiyo.jpg
そしてこれは渡ってもないし猛禽でもない、イソヒヨドリ♂若鳥の飛翔…
なぜかこれだけはブレなかった。
うん、イソヒヨの滑空する姿は好きですよ。



そうそう、チゴハヤブサといえば伊良湖で何個体か見たあと帰りに寄った掛川花鳥園で飼育個体を間近に見ることができ、さらに昨日会社帰りに寄ったハチクラに居た日本CBのチゴハヤくんを手に乗せることが出来たという、チゴハヤ盛りだくさんの一週間でした。幸せ。
ハチクラのチゴハヤ可愛かった…手を差し出すとすぐ乗るの。そんでパタパタ。
猛禽はいつか飼いたいわぁ。たぶんコノハズクだろうけども。


やはり鳥は良い。
 
君がいた夏
2008年 10月 08日 (水) 21:58 | 編集
081008-05shiba.jpg
うっかり涙出ちゃった。

さっき突然の告白。
母がこいつの最期を語ってくれた。

この夏、観葉植物にはまった私はトイレに鉢を二つ置き、何か動物小物も置いたほうがかわいいなと思ってとりあえずこいつを鉢の間に置いてみたんだ。
戌年の年賀状のためにFIMOで作った柴犬。
きちんとお座りしたポーズで、胸を張って犬スマイルを浮かべるこいつが自分で作っておきながらめっちゃかわいいわと気に入っていて、トイレで見るたびに癒されていた。チャップリンみたいだけど


結論だけ言ってしまえば、トイレに流れてしまったんだと


なんというか、どうしようもなさすぎて え~っ てかんじで
あまりのショッキングな告白にうっかり涙が出たわけで

切ないです…

081008-06shiba.jpg
失って初めて気づくなんとやら、ですね
これをバネに、ネンドがんばります。がんばるよ。
伊良湖の夜明け
2008年 10月 08日 (水) 19:55 | 編集
081008-01.jpg

081008-02.jpg

081008-03.jpg
朝5時半に起きたからと言ってタカはまだまだ飛ばないが、この紫の空を見たくて目を覚ます。

運転で疲れているうえに睡眠時間1時間ちょっと、寝不足で体温が上がらず震える体を一気に温めてくれるのが岬に集まる鳥たちの声だ。
空がオレンジ色に染まり太陽が顔を出すと、まずトビが飛び始める。

081008-04.jpg
老若男女、伊良湖に集まる皆さん当たり前のように早起きです。

伊良湖岬 鷹見の旅
2008年 10月 06日 (月) 22:19 | 編集
081006-01asahi.jpg
金曜夜出発、日曜夜帰宅

というわけで伊良湖岬に行ってきました。
猛禽好きにとっては一年で最大のイベント、秋の渡りを見にいったわけです。
私がそれに参加するのは実に3年ぶり。この日までの一週間は朝晩天気をチェックするほどワクワクしていたし、当日などは仕事をしながら、何時間後かに伊良湖へ出発することを考えると恋しちゃったかのように心臓がキュンとしたもんだった。なんか酷いな。


写真は朝6時、日の出の一枚。
全国の伊良湖好きが車で集うここは恋路ヶ浜の駐車場。朝には満車。
夜中に続々と集まって、みんな仲良く車中泊で朝を待ち、日の出とともに鳥見開始。
完全にお祭り。笑

我々が駐車場に着いたのは深夜二時。
すでに6割方車が入っていて、とっくに寝ている人もいれば砂浜で星を見上げながら仲間と晩酌をする団体もいる。偶然(必然?)時を同じくして伊良湖入りした後輩たちに会ったが、彼らはこれからナイトハイクをして徹夜で鳥を見始めるとのことだった。元気だな、若いっていいな。

私たち7割社会人組は寝るぞうと思いつつ、星空に、海に、波の音に砂浜に、東京に置いてきた現実からかけ離れた世界にすっかり心奪われてしまった。カメラを構えたりボーっとしてみたり、ウロウロ徘徊したりして結局1時間半しか寝ることができなかった。大人げない。笑


朝5時半に起床、最初の鷹の出現を今か今かと待ちながら朝飯を頬張る。
何度やっても楽しい、伊良湖の夜明けなんである。


(RICOH Caplio GX100)
desk top
2008年 10月 02日 (木) 22:23 | 編集
081002-01desk.jpg
パソコンと、水槽と、ひかりベタと、出来そこないのトキ
私の汚い机の上。


久々にPanasonic LUMIX DMC-FZ30に電池を入れていじってみる。
うん、やっぱり割合長いこと付き合ったやつだ、手になじむ。
少し古いし画面とかめちゃちいさいけど、私はFZで写真が好きになったんだったと思いだす心地よさ。


明日、会社から帰ってひとっ風呂浴びて夕飯を食べたら伊良湖岬に向け出発です。
車の旅だからって贅沢にカメラいっぱい持ってくぜ。
そのうちのひとつがこいつ、FZ30。主役を降りた君は望遠動画担当。笑
あ、フィルム買ってくりゃよかった。フィルムカメラでも何枚か撮りたいな。伊良湖の風景を…


旅欲。鳥欲。写真欲。
欲にまみれるのはほんとうに楽しいんだ。
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。