色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
今日の平太さん
2010年 08月 30日 (月) 13:00 | 編集
100830-01.jpg
パンケーキガメの平太氏、生後50日。体重29g、甲長60mm。
毎日完全に外に出しっぱなしで太陽満点に育ってます。猛暑酷暑も乗り切ったし、秋までこれでいけそうかな?
コマツナチンゲンサイにカルシウムってのは栄養満点かどうかは自信ないですが…
赤色がとっても綺麗な兄弟とはどうやら違う発色をしそうな予感だけどどうかな~一年後が楽しみ。
こればっか言ってますな。なにせ初リクガメなもんでワキワキしすぎでございます。

100830-02.jpg
お腹側も失敬。
必死の起き上がりポーズがなんとも言えません。
ケージ内でひっくり返っても、このポーズを駆使して素晴らしく速やかに起き上がる姿は何度見ても痛快。
あ、わざとひっくり返して遊んだりはしてません、念のため(笑)
すーぐつかまり立ちして後ろにコロンとなるのです。しかし助けない。
羽根拾ったよ
2010年 08月 30日 (月) 01:17 | 編集
100829-01.jpg
家の軒先で落っこちてるのを発見。

数日前の朝、すぐ外で「ケーケーケッケケケ…」というツミの鳴き声がして喜んでいたばかりだったのでツミの尾羽かな? と思ったらやはりそうでした。ツミの羽根、初げっといぇーい!
にしてもこの図鑑便利だー♪
原寸大で掲載してくれてるから、拾った羽根を図鑑に乗せて比べるとぴったり当てはまったりして楽しいのです。
一枚拾っただけでもこうやって紹介できるし。

写真の中の黒っぽい羽根が拾ったやつ。形的にT4くらいかな?
図鑑の写真はメス個体の羽根なので、私が拾ったのはメスより一回り小さいオス個体が落とした羽根なんでしょう。
色が違うのは撮影条件のせいかしら。

ちょっと嬉しい落とし物の話でした。
拍手お返事
2010年 08月 30日 (月) 00:32 | 編集
羊毛カメ記事にいただいた拍手コメント

Y~様>
ありがとうございます!
大きめサイズは表情もじっくり作れて楽しいですがその分つつかないといけないからやっぱり苦労しますね…
焦って終わらせようとしないでゆっくりじっくり作り込んであげたいと思います(^^)
カメ作ってます
2010年 08月 26日 (木) 18:27 | 編集
100826-01.jpg
顔だけ出来てきたのでたまには途中アップ。親指の爪に白い影。

11月のカメDEshow!のためにカメ制作中。でかいとでかいなりに苦労することがわかってきた。
その数日前にとんぶり市があってもちろんそれように他の爬虫両生類も作りますがカメ中心でいくべきと踏んでおります。お察しいただければ…(笑)

種名はこりゃ少しでもリクガメ好きな人なら言わんでもわかると思う。
次は最大の特徴である足に取りかかりましょう。遅い。遅いよ!
拍手お返事
2010年 08月 26日 (木) 14:51 | 編集
バンビ!にいただいた拍手コメントお返事3

h~様>
北海道でたくさん見たり感じた生き物の生態をもっともっとお伝えできればいいんですがいかんせん腰が重くて…これからも面白いことあったら随時ご紹介したいです!
お母さんが探しまわっていた森とバンビが突っ込んだ茂みの間に側溝があったのが気がかりですが、母の愛で見つけられたってことにしておきましょう♪ それともほとぼりが冷めたころに母の声頼りに子どもが出て行くのかな??
バーミ婆ちゃん
2010年 08月 25日 (水) 00:44 | 編集
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| 飼育生物 | - | - |
拍手お返事
2010年 08月 25日 (水) 00:30 | 編集
バンビにいただいた拍手コメント2

T~様>
いつもありがとうございます!
ママさんダンプってのがものすごく気になりました…初耳ワード(笑)
ググってみましたがなるほど、これならシカも運べますね。
おねだりキツネは今回私も見れたんですが、ビデオで撮影してしまったのでついアップするのがめんどくさく…いかんなぁ(^^;
ミニ野菜畑
2010年 08月 24日 (火) 15:37 | 編集
まずは拍手お返事をば、バンビ記事にいただいたコメント

Y~様>
家の近所にシカってすごい環境ですね!? キツネとかタヌキも居そう…うらやましい!
こうやって写真撮って改めて見ると、耳やたら大きいですね確かに(笑)
昼間の姿はひたすらのどかで癒されました。

100824-01.jpg
本日の平太氏、ケージの掃除をしてる間ミニチンゲンサイのプランターで朝飯を摂ってもらいました。
こらこら右下の葉っぱ食べかけでしょうが!

ついでに身体測定、甲長約57mmに体重27g。どうなんでしょねぇ。
とりあえず見る度にすくすく育っているなぁという感想です。
放射模様もますます増えて楽しみ楽しみ。ずっしり重平たいカメになっておくれよ。
バンビ!
2010年 08月 23日 (月) 02:35 | 編集
毎度今更ですが6月に行った道東ネタを。

100822-06.jpg
最終日、「とうとうバンビには会えなかったね~」と言いながら車を走らせていると、なにやら前方に車が3台立ち往生している。やがてノロノロと何かを避けながら3台の車が去り、あぁこれはとうとうエゾシカの礫死体に出会ってしまったわいな、可哀想に~と思いつつ車を進める…と、こりゃこりゃどうして

100822-07.jpg
バンビじゃん!!
死んでないし! か、かわええ~

100822-05.jpg
そのまま我らが車が横を通り過ぎてもへちゃっと潰れたようにじっとしているエゾシカの子ども。
道路脇の茂みの奥では母鹿と思われる個体が必死の形相で跳ね回り、甲高い声で子鹿に呼びかけているのが見えた。

怪我でもしてんのかいな、このまま車に轢かれでもしたら可哀想だなぁ…と思い、慌てて軍手はめて駆け寄ってみるも真横に私が立ったというのに本当に微動だにしない子鹿。どれどれ持ち上げてみるべと体に触れると急に飛び上がってぴゅーっ!!とばかりに奥の茂みへと突っ込んで消えていった…怪我なんてしてないでやんの(笑)
ちゃんとお母さんに会うんだぞ~ と見送ってその場を去りました。

危険を感じたらその場に座り込むのが彼ら子鹿の本能なんでしょうなぁ。
こうやって敵にいよいよ襲われる!と思った時か母鹿が迎えに来た時まで絶対に動かないつもりだったのかもしれない。なんか、ちょっと呆れつつも感心してしまった出来事でした。
親子で道路渡ってたら車が来ちゃって、びっくりしてしまったんだろうね。

何はともあれバンビに会えたどころか軍手越しに温もりまで感じれちゃったのはラッキーちゅうか北海道旅行最後の良い思い出になりました。シカ親子からしたら迷惑な話だったでしょうが。


知床はほんとエゾシカの多い土地でした。ということでG11で撮ったシカたち↓

100822-01.jpg
優雅に横切る身重鹿。

100822-02.jpg
優雅に食べる牡鹿。

100822-03.jpg
優雅に見下す鹿。

100822-04.jpg
優雅に崖っぷちで濡れる鹿。

エゾシカは見飽きるほど見たけどなかなか好きになりました。
これなんだ
2010年 08月 20日 (金) 17:51 | 編集
と、その前に拍手お返事!

オガサワラ記事に拍手コメントくださった
「と~」様>
でかいでかい! 人差し指が小指に見えるくらい。
でもこの写真、見る人が見れば でかい! と思ってくれるだろうけど普通の人はちっちゃいじゃんて思いますよね(笑)
ガンガン殖やすぜ!

100820-01.jpg
さて、これなんだ。
ハツカネズミの糞とかじゃありませんよさすがに。
ヒマワリの種です。何て品種か知らんけど、真っ黒な種のヒマワリなんてあるんですなぁ。

ちなみにこれ、つい先日記事にした観賞用唐辛子と一緒にフラワーアレンジメントに入っていたミニヒマワリのもの。花が終わっても種ができるかもと思って水をやり続けてみたら、ほんの8粒だけ種が出来ていたので採集。とっても可愛らしいヒマワリだったので、できればこれを植えてまた花を咲かせてくれたら嬉しいなという魂胆です。
何やらミニヒマワリって夏に植えて秋に花咲くのもあるらしいので今から植えてみようかな。
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ