色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
「うちのカメ」読んだ
2011年 08月 30日 (火) 20:22 | 編集

うちのカメ―オサムシの先生カメと暮らすうちのカメ―オサムシの先生カメと暮らす
(1994/05)
石川 良輔、矢部 隆 他

商品詳細を見る


羊毛でクサガメを作るにあたって、というかクサガメを作りながらになってしまったけれども「うちのカメ」という本を読みました。私は正直カメ全般にそこまで興味が湧いたことがなかったのでカメの本と言えばみのじさんのカメが好き!しか持っておらず、この本はカメ好きのだんなの蔵書。
いざカメを作ろうと思った時に資料がたくさん出てくるので、なんとありがたいことでしょう。
持つべきはカメ好きの夫か。趣味がちょっとずれてるのってこんな時便利ですね。

閑話休題。

うちのカメ=クサガメの♀と人間夫婦との暮らしを丁寧に綴った記録です。
カメの飼育とは、みたいな話ではなく、あくまでも「うちのカメ」を35年飼ってきて日々の観察からわかったことを淡々と書かれています。ペットとしてのクサガメがどんな生き物なのか、クサガメの居る暮らしはどんなものか、飼ったことがなくてもその空気を感じることができるような愛情溢れる本でした。

愛情溢れると言っても、生物学者として生き物を観察している面もあるので、溺愛してカメと人間の区別もつかなくなっちゃってるような話じゃないのがまた良いですね。カメはカメ、という視点から語られています。

巻末にはカメの研究者の解り易いカメ解説もあって、今まであまりカメ文献に触れてこなかった私には大変勉強になりました。


…しかしどんどん飼いたくなるクサガメ(笑)
あんまり歳とってから飼い始めるとカメに看取られかねないから、飼うなら若いうちからだよなぁ…なんてちょっと考えちゃいますね。でも今は飼えないから、いつかね、いつか。
飼いたいパッションは制作にぶつけるとしましょう。
【羊毛】クサガメ
2011年 08月 28日 (日) 17:19 | 編集
110828-01.jpg
羊毛フェルトのクサガメです。
手のひら大くらいで黄色い成長線がくっきりしている若い個体をイメージして作りました。
飼ってないので詳しいことはわからないのですが、水中では甲羅が濡れて特にこの線がよく見えるのかな?
池で見たカメたちは甲羅に藻が生えててよくわかりませんでした。

110828-02.jpg
紙の上に乗せちゃってるので微妙ですが、ポーズは泳いでる感じで。
甲羅干ししてるカメも好きですが、泳いでる姿もいいですよね。
四肢で器用に水を掻いてスイーと進んで行く姿は水を得たペンギンのように優雅だなぁと。

110828-03.jpg
上から。


現在新たに別ポーズのクサガメ製作中です。
クサガメわらわらを目指しております(笑)何匹集まっても可愛いと思うんだ。
寒い日の平太
2011年 08月 23日 (火) 16:30 | 編集
110823-01.jpg
ここ数日間信じられないくらい寒かったので室内飼いになっていた平太氏。
室内用の広めのケージが無いのでとりあえずamazonのダンボールに入っていただきました。
そばで見てる時だけ保温球点灯させる感じで。

なんとも気持ち良さげな背中ですね。

そういえばこの日初めて首も引っ込めずに頭やアゴを触らせてくれて結構感動したんですけど、首の皮のやわらかくて冷たくて気持ちいいこと! 平太さん自身はぐにぐに触られてる時何を思っているのかはわからないのですが嫌ってこともなさそうでした。
もっと大きくなったらもっと触りやすくなるね~

明日からはまたしっかり夏っぽくなるようなので外飼いに戻します。
寒くなる秋までに室内用の広めのケージ用意せねば。
クサガメに会ってきた
2011年 08月 21日 (日) 20:09 | 編集
110820-01.jpg
昨日、製作中のクサガメの野外観察&資料撮影のためにクサガメの居る池まで会いに行ってきました。
不忍池ですね(笑)

110820-07.jpg
蓮が綺麗に咲いてました。
でもお目当てはその下の…

110820-02.jpg
クサガメ!
軽く30分くらい見てたと思いますが同じ場所に5匹ほど居ました。
アカミミガメとクサガメとコイとカルガモが、橋の上から自分らを見下ろす人間たちに餌を期待した眼差しを飛ばしてきます。アカミミとクサガメならどちらかというとクサガメのほうが愛想がいい感じですね。

110820-03.jpg
こちらはちょっと小さめサイズのクサガメ。
泳いでる姿をじっくり堪能できて大満足。クサガメってかわいいなぁ…

110820-04.jpg
移動して、小石川植物園。
薄暗い池の真ん中にいましたいました、クサガメ。こちらを見ている。

110820-05.jpg
ずんずん水底の泥を巻き上げながらこちらに泳いできます。

110820-06.jpg
最終的に、池の淵の私の足下まで来て物欲しげな顔をしてくれました。
あんまり近いもんだから指を近づけてみても、ビクッとも頭を引っ込めもしない。慣れている…

惚れた。クサガメってこんなに可愛い生き物だったんだね、今まで知らなくてごめんなさい。
あと同じような写真ばかりでごめんなさい(笑)ちゃんといろいろ撮ったけどねー
この後写真は撮れなかったけど赤ちゃんクサガメにも会えたしクサガメ的には大収穫な一日でした。


そんな感じで生クサガメを見てきましたので、作品に生かせればいいなーと思ってます。
どうかなどうかな。
葉から芽
2011年 08月 19日 (金) 19:22 | 編集
110819-01.jpg
葉から芽が出る不思議植物、ハカラメ。
ハカラメってのは愛称で、他によくマザーリーフとか呼ばれてます。

これは子宝草ってやつかな? 何種類かあるらしいんですが。
多肉は同定が難しい…

半分くらい取れちゃってますが、葉の淵についてる一つ一つが芽、子株です。
全部育ったら大変なことになっちゃうな♪

110819-02.jpg
下の細いのも同じような仲間で、不死鳥ってやつなんじゃないかなーと思います。
いただいた方からちゃんと聞けばいいのに(笑)でも以前不死鳥って言ってた気がするし。

沖縄なんか行くと民家の石垣に似たような葉の植物がよく生えてたと思うんですが、確かあっちはまた違うやつで錦蝶(きんちょう)とかいうやつです。調べたら、不死鳥は子宝草と錦蝶の交雑種だとか。
姿は錦蝶に似て、花は子宝草に似てる感じかな。
どちらも花を咲かせるほどにしっかり育てたいものです。


そんな感じの素敵な葉っぱたちをいただいてしまいました。
ありがとうございます!
実はどちらのタイプも昔買って瞬時に枯らした経験があるのですが、今の私はあの頃の私ではないぞ。


しかししかし、こうなるとこの2種に似てるというセイロンベンケイソウと錦蝶とやらも気になってきますなぁ。
いつか見かけたら買ってきちゃおう。錦蝶は出来れば沖縄にでも行って採ってきたいね!
カメDEshow! 2011に参加します
2011年 08月 11日 (木) 11:05 | 編集
今年こそは!

ということで、カメ DE show ! 2011 に参加決定しましたので羊毛フェルトでせっせとカメ作っております。
屋号はハコイリクロッキーで。

110811-01.jpg
アカアシガメ。ちょっとでかいです。

110811-03.jpg
横顔。リクガメは目がつぶらで可愛いですよね。

110811-02.jpg
現在制作中のクサガメ。
ぶさ可愛く出来そうな予感です。

たくさん連れてけたらいいなーと思ってます。がんばります!
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ