色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多肉の紅葉
2012年 01月 23日 (月) 23:04 | 編集
120123-04.jpg
ベランダでせっせと日に当ててる多肉たち、紅葉真っ最中です。
虹の玉とブロンズ姫のちっさい寄せ植え。一昨年の暮れに葉挿しした子らが大きくなった姿です。
1年ちょっと経ってるけど、かなり水控えめにしてきたのであんまり大きくなってないかも。

120123-01.jpg
同じ葉挿しっ子ブロンズ姫の缶詰め。
みっちみちになった後、今度は徐々にスカスカしてきました。春になったら植え替えようかどうしようか。
ブロンズ姫のピンクは好き。

120123-03.jpg
違う種類の多肉鉢に紛れてちょろりと生えていたのを分離して育ててみた真っ赤な多肉。
育ってきてやっと、どうやらクラッスラ属の紅稚児じゃないかと判明しました。
札の無い多肉はほんとよくわからんです。
3つに枝分かれして、それぞれの頭に花芽が。春までには咲くのかな、楽しみ。
小さくても一番濃く赤くなって主張する姿が好きなので、今年はわさわさに増えていただきたい多肉。

120123-02.jpg
最後にこれは最近ホームセンターで買ってきて、とにかくまずは育っていただこうと単体で植えてみた乙女心。
気持ち悪いくらい増えてほしいなと思ってるんですが、葉挿しするもんじゃないらしいので子株を出すのを待てばいいのかな?
既に頭から小さいのがちょろりと出ているんだけど、これが子株なのか花芽なのかよくわかりません。
どちらにせよ楽しみ。どんどん下葉が枯れて行くのにボリュームが変わってない所を見るに、成長が早いので今後に期待です。
スポンサーサイト
初雪
2012年 01月 20日 (金) 10:50 | 編集
120120-01.jpg
雪が薄く積もりました。
今日は地味に一日降り続きそうな感じ。

120120-02.jpg
多肉、月兎耳やら子宝草に不死鳥を筆頭に、水やっちゃったのとかちょっと元気無いアロエなど半分ほどは部屋に入れましたが、半分はベランダ放置。朝大丈夫なら今日のうちは大丈夫でしょう。
写真に写ってるのは雪の積もった多肉たち。なんとなく増やしてる虹の玉やら、先日のびのびになっちゃってるのをホームセンターで買ってきて更新中のセダム盛り合わせ。

120120-03.jpg
こちらはほぼ一日中日照を得られるし壁よりでちょっと暖かい場所な可愛がってる多肉たち。
北風なら雨も雪もほとんど当たりません。

しかし多肉の紅葉ってほんとにおもしろい。紅葉してない青々とした姿も大好き。
春が待ち遠しいね。
我が家のヒキガエル
2012年 01月 16日 (月) 10:40 | 編集
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| 飼育生物 | - | - |
チランジア買いましてん
2012年 01月 14日 (土) 22:27 | 編集
P1140075.jpg
昨日、散歩に出かけた先のホームセンターで多肉欲には打ち勝ったのですが、鉾先が他の植物に移っただけという実に残念な結果となり、僅かな罪悪感とともにるんるんで帰って参りました。
チランジア。エアープランツとかいわれてるあれです。

帰ってきてから栽培方法を詳しく調べ始める私。いつもそんな感じです。

というか昔、いくつかチランジアを買ったことがありまして、くっついてた札に書いてあったとおり水に浸けて何時間も放置してみたりしたんですが物の見事に枯れまして。それ以来怖くて手を出せなかったんですが、ちょっと観葉植物やら多肉やらで自信がついたからって手が伸びてしまった次第。
ほんとは多肉だってたいしてまともに育てられてないのに、我ながら愚かな…

さすがに今度はもっとちゃんと調べてなんとしても生きて育って花咲かせて子を作ってもらいたいところ。
とにかく何かに固定して、水に浸けるようなことはせずしかし毎日でもしっかり水をかけること、そして風通しをよくして日にもあてちゃること、そんな感じだったので見よう見まねで写真のようにこしらえてみました。
ヤモリケージのお下がりコルクに水苔を添えて。

もっとコルクに垂直にくっつけてやるべきだったのかもしれない。


種類はチランジア・シュードベイレイというらしい。

我が家の唯一暖かくて空気の動いている部屋は超乾燥状態なので難しそうですが、せっせと霧吹きして管理してみようかと思います。無事大きくなったらまた登場させますね。
冬に買ったりしてごめんよチランジア。
円山動物園のオオカミ
2012年 01月 13日 (金) 12:25 | 編集
120113-03.jpg
フェンスの存在を忘れそうなくらいカッコイイぜオオカミ

120113-01.jpg
夫婦でしょうか、穏やかな表情もいいですねオオカミ

120113-02.jpg
ぺろりんオオカミ

円山動物園のオオカミ展示、昨年産まれたらしい2頭(もう大きくなってて私にはわからず)を含めて7頭くらいの群れで飼育されてて素敵でした。やっぱりかっこいいなぁオオカミは。
次はもうちょっとゆっくり行ってぼーっと行動観察してみたい。
そんで難しそうだけどいつか作ってみたい。
ソトイワトカゲの嫁(♂)
2012年 01月 12日 (木) 15:20 | 編集
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| 飼育生物 | - | - |
1/10 泉の森
2012年 01月 11日 (水) 14:45 | 編集
120111-01.jpg





120111-05.jpg





120111-03.jpg





120111-02.jpg





120111-04.jpg





120111-06.jpg

全てG11で撮影。
しょっちゅう「一眼?」って聞かれてしまう程度にはゴツいけど、優秀なお散歩の友カメラ。

フランスでルーヴル美術館の固い石の床に落としてCCDにたくさん汚れがついてしまったこともあったけど、それをなんとしてもその場で取り除きたくてガツガツ殴りまくったりしたこともあったけど(それで奇跡的に汚れは消えた)、だからきっとどこかしらガタが来てるんじゃないかと思うけど、まだまだがんばってくれてる相棒。
って2年ちょっとしか使ってないんだけどね。大事にせんとなぁ。
トンビのフリーフライト
2012年 01月 10日 (火) 11:28 | 編集
1月1日、北海道神宮に初詣したその足で元日から3日まで入場無料という円山動物園に行ってきました。
去年は1日に帰っちゃったし、年末は閉園してるから行けなかったんだよね。
入園口まで行って無駄におもっきし転んで帰ってきたんだっけ。あの周辺どうしてあんなに凍ってるの…

円山動物園は初めての動物園、爬虫類館にわくわくしつつ行ってきました。

120110-02.jpg
まず興奮したのが、トンビのフリーフライト!
トビを飛ばしてるのって初めて見ました。やっぱりトビはかっこいいなぁ…


120110-01.jpg
これ、トンビの見物客です。大人気。
円山動物園に入った瞬間あまりに閑散としていてびっくりしたんですが、ここと、あと数カ所の展示に人が集中していました。その他はまたあとで書きます。

120110-03.jpg
子どもの足下に降りちゃったトンビ。こうなると可愛い。

最後に撮った動画を軽くまとめたのでどうぞー毎度毎度私の声入りでございますが…
トンビらしく輪を描きながら飛ぶ様子にご注目。飛翔能力が高いのでいろいろ楽しそうです。
G11で撮影

俣野遊水地の鳥
2012年 01月 09日 (月) 10:38 | 編集
120108-10.jpg
1月8日、天気が良いので懐かしの俣野遊水地に行ってきました!
公園として整備され始めの時を最後に来ていなかったので、どんな姿に整備されたのかとドキドキしつつ。
鳥との距離が近い場所を作っていたり、なかなか良さげでしたよ。

ここから下の写真はだんなカメラから拝借。

120108-07.jpg
最初にえらい近くに現れたのはバン。

120108-08.jpg
手前の個体は色が薄かったけど、親子かな?
バンがやたらとたくさんいて、オオバンがちょろちょろっといる感じ。

120108-05.jpg
鉄塔を見上げればハヤブサ!
ハヤブサはやはり人気者で、ごっついカメラ構えたおじさんたち皆さん鉄塔のてっぺんを狙ってました。
私も好きですハヤブサ。

120108-06.jpg
あ、キジだ。ギラギラ!
いつも現れる時は唐突です。そしてさっさと消える。

120108-04.jpg
同じ個体かはわからないけど、少し離れた場所で餌をついばみながら姿を見せてくれました。
実はこんなにゆっくりのんびりキジを観察できたのは初めてでして、はぁ、綺麗だったなぁ…
その尾羽を一枚くれ!と思ったね。

120108-03.jpg
キジが引っ込んだあとちょろっと出てきて横切って消えたクイナ。
昔この遊水地でクイナを初めて見て感動したんだっけ。懐かしいな。

120108-09.jpg
最後は愛らしいモズ子。
周りにはオオジュリン、アオジ、ホオジロやスズメがうろちょろしてました。


最後に見た鳥リストアップ~

カワウ、ゴイサギ、アオサギ、カルガモ、コガモ、トビ、ハヤブサ、キジ、クイナ、バン、オオバン、カワセミ.c 、ハクキレイ、セグロセキレイ.c 、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス

滞在時間1時間程度でこれだけ見れたので、隣の下飯田遊水地やさらにその向こうの遊水地、境川も合わせてじっくり散策すればもうちょっといろいろ見られそう。よくチョウゲンボウやオオタカも飛んでくる場所だと思うし。
夕方まで粘ればタシギも出るんじゃないかと。
また行きたいなと思える場所でした、よかった!
アオシギ
2012年 01月 08日 (日) 17:43 | 編集
120108-01.jpg
今年も年末年始は北海道に行ってきまして、鳥見てきました。
今回一番嬉しかった出会いが、たまたま出会ったアオシギさん。
撮影はもちろんだんな。

この時の私、あろうことかちゃんと識別しようともせずに「ジシギだねぇ」なんて言い、さらに「オオジシギかねぇ、冬もいるのかね?」なんてテキトーなこと言いながら図鑑で調べることもせずに帰宅。
一緒に見てただんなはそうとうモヤモヤしていたらしく、自分でフィールドガイド開いて調べて、アオシギじゃない?と教えてくれました。ほんとだ。はずかし。私アオシギ見たことあるのに…
おのれのやる気の無さに失望しつつ、だんなの鳥見力アップしてるのに感心。
こうやって自分で識別した鳥って、誰かに教えられて見た鳥よりずーっといつまでも記憶に残るんですよね。

120108-02.jpg
雪に囲まれた小川の側の水たまり、先に私達に気付いて嫌がってのそのそ移動し始めたので気付きました。
数メートル離れた所で落ち着いたようで、逃げずにゆっくり姿を見せてくれました。
肉眼でもわかる距離で餌獲ったり愛想のいい子だったなぁ。こんなに近くでジシギ類見たの初めて。
美しい鳥ですね。
こんなに警戒心薄くて大丈夫かと心配だけど、来年もまた会えますように。
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。