色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
【羊毛フェルト】ホッキョクグマのお母さん
2012年 11月 30日 (金) 22:04 | 編集
121130_01.jpg
ホッキョクグマの母子が揃いました。
後ろの子グマがちゃんとついてきてるか確認する母グマ。
子どもたちに比べて、どっしりと体重を感じられるよう作りました。

121130_02.jpg
親子モチーフはやっぱり良いです…(*^^*)
カメDEshow! ありがとうございました!
2012年 11月 26日 (月) 11:12 | 編集
昨日はカメDEshow!でした。
今回こちらで事前告知が出来なかったんですが、私のブースにもたくさんのお客さんが来てくださり、作品やポストカードもご購入いただけました。ほんとうにありがとうございます…!!

121125_01.jpg
いい天気でしたね! くっきりスカイツリー。

121125_02.jpg
我がブースはこのような感じでした。
去年からの新作はガラパゴスゾウガメ2匹。2匹一緒のポストカードも作りました。

121125_03.jpg
そして…開場から1時間後にはこの状態に。(写真は夕方に撮ってますが)
なんと、あっという間に4匹それぞれお迎えいただくことに…!
ひなたぼっこクサガメ1匹のみとなってしまいました。ありがたきしあわせ!!

121125_04.jpg
ちなみにこちらが新顔だったガラパゴスゾウガメのサンタクルス島亜種なドーム型さん。
どすこい!って感じの写真になった。

121125_05.jpg
そして同じく新顔のこちらが、あえて誰とは言いませんがピンタ島亜種の鞍型くん。
ほがらかですね。

カメは作るのはなかなか大変ですがやっぱり楽しいな、と改めて思いました。
カメ好きさんたちに本当に心から愛されている存在。
そんな方々が見て思わずにっこりしてくれる作品づくりを心がけていきたいと思います。
超寝不足で辛かったけど、お客さんの表情、かけていただいた言葉にそうとう癒されました。


ほんとはもう1匹新しいカメを制作中だったんですがぜんぜん間に合わなかった…近々、そのうち?でき上がるかと思います〜この思い出を噛み締めながら、いいものになるようがんばります!


というわけで、かめでしょー2012、主催・関係者のみなさま、出展者のみなさま、ご来場、お立ち寄りいただいたみなさま、ありがとうございましたー!
しんはま収穫祭ありがとうございました!
2012年 11月 24日 (土) 12:53 | 編集
昨日11月23日、行徳野鳥観察舎でしんはま収穫祭が開催されました。
あいにくの雨でしたが、地元の方をはじめたくさんのお客さんが来てくださいました!

121123_02.jpg
私の展示はこの内容。
ガラスケース2つ分、羊毛フェルト作品と粘土作品をずらっと並べさせていただきました。

121123_03.jpg
展示の前に置いたベンチに腰掛け、羊毛のおかいこさんたちを眺めながら昔ばなしに花を咲かせてくださるの図。
こうやってその生き物について語ってもらえるのが最高に嬉しいです。

121123_04.jpg
たくさん来ていたこどもたちも名前を読み上げながら楽しそうに見ていってくれました。

121123_05.jpg
野鳥観察舎なので、やはり一番人気は小鳥たち、カラ類の混群リース。
違うテーマで小鳥のリースなどはまた作りたいです。

121123_06.jpg
ハリネズミにクサガメ

121123_07.jpg
エゾフクロウとエゾユキウサギ
この2点は今回のために個人蔵のものをお借りしました。
こちらもなかなかの人気ものだったので、展示できて良かったです。ありがとうございます!

121123_08.jpg
こんな並べたことなかったので、壮観…動物園みたいで自分の作品ながらちょっとわくわくしちゃいました。
もっともっと作りたい!

121123_09.jpg
こちらは粘土作品たち、「ハコイリクロッキー」という名前の由来です。
暖かい地方のいきものたち。

121123_10.jpg
雪と氷の世界のいきものたち。

121123_11.jpg
地中の珍獣、ハダカデバネズミ。
おかいこ、小鳥のリースと並んで注目の的でした。やはり…
デバを知っている人は知識を披露してくれるし、知らない人はなんだこれー!なんだこれー!と
だいぶ昔の作品ですが、多くの人に見ていただきたいものだったのでまた日の目を見る事が出来て感無量です…
そしてこの中に50匹くらいいるんですよ!といちいちドヤ顔で語っていた私をお許しください(笑)


ほんとうに1日でたくさんの方に見ていただけて良かったです。
行徳野鳥観察舎友の会の皆様、ボランティアスタッフの皆様、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
お餅やマンドリン演奏会、折り紙などなど1日とっても楽しかったです!!

121123_12.jpg
あと余談ですが、野鳥やタヌキもじっくり観察できましたよ♪
また搬出の日に行くのが今から楽しみです。


121123_01.jpg
今日から12月2日(2日は15時頃には撤収の予定)まで約一週間はこのラインナップで展示されています。
急遽粘土作品も引き続き展示する事になったので、是非見に行ってみてください(^^)
 
行徳野鳥観察舎、展示始まってます!
2012年 11月 20日 (火) 23:37 | 編集
121120_01.jpg
昨日、行徳野鳥観察舎へ羊毛フェルト作品の搬入に行って参りました。
家を出た時は雨降りでしたが、設置が終わる頃にはすっきりした天気に。

展示されるのはこの、観察舎2階の非常に見晴らしの良い場所。望遠鏡と椅子があって、ゆっくり野鳥やタヌキ(ひょこひょこ普通に出てきて可愛いのなんの!)を観察できます。
そんで振り向くと…

121120_02.jpg
展示のガラスケース、その手前にはのんびり座って眺められるようにとソファーが。
座ってゆっくり見れるってなんだか新鮮です。とってもいい感じです。

121120_03.jpg
これから約2週間、12月1日まで展示されるのはこのラインナップ。
今週金曜、23日の収穫祭の日はガラスケースもうひとつ足して前の記事に書いたものが勢揃いになります。

参照→ 行徳野鳥観察舎での作品展示のお知らせ

23日、天気どうかなぁ。どうかどうか予報がずれますように!
収穫祭当日は朝から参加予定です。あーほんと楽しみ〜(^^)

しんはま収穫祭
11月 23日 (金) 10:30 ~ 15:30

観察舎日誌のブログでも展示の様子など紹介していただいています

 
昆虫大学ありがとうございました!
2012年 11月 20日 (火) 11:32 | 編集
121119_04.jpg
11月17日、18日の二日間にわたって展示で参加させていただいた昆虫大学、大盛況のうちに終了いたしました。なんと初日すごい雨だったにも関わらず二日間で700人ものお客さんだったとか!
どうりで汗がとまらないわけです。楽しかったもの…

来ていただいた皆様、声をかけて参加させてくださったメレ山メレ子さんを始め関係者の方々、出展者のみなさま、本当にありがとうございました! 素敵な時間でした。

写真は昆虫大学校章入りサコッシュを囲む思い出の品々♪ マロニーはいついただこう…やっぱり鍋かな…!

121119_03.jpg
自分の参加したイベントとなると恐ろしく写真を撮れない私なので今回も散々でした…
唯一会場のにぎわいがわかる写真がこちら。でもこれ初日のオープンしたてなのでぜんぜんです、もっともっとでしたよ! この写真でもじゅうぶんな人だけど広い講義室がほんと歩けないくらいの混雑でした。

121119_01.jpg
して、私の展示はというと、おかいこ。
ギャフン…信じられない、こんな写真しか撮ってなかった…泣ける。
直前までおかいこ三態だったんですが昆虫大学のために四態にグレードアップしてみました。
左下の卵3つがさりげなく新作です!

うんちじゃないよ。

121119_02.jpg
そしてこちらも、アカケダニの一種。ベルベット・マイトという名前がある通り、なかなかの毛並みなので羊毛でどうだろう!?と勢い作ってみました。ダニエル!ダニー!と予想外に可愛がっていただけました。よかった!


昆虫大学、ほんと語り尽くせないくらい楽しいことだらけだったんですがほんと語り尽くせないのでこれだけにしておきます…すんません…今週のスケジュール的に今年1年でたぶん今、一番テンパっております…
メレ子さんのブログレポートを一緒に楽しみに待ちましょう♪
自分の写真が酷かったので、ほんと他のみなさんのイベントレポートを心待ちにしている状態です。
金曜の収穫祭やカメでしょーではちょっと心して撮ろう…

本当に、ますます虫を好きになった2日間でした。
我が家のブームは「蟻とその周辺」になっている今日この頃なので、まずは今回購入した2冊も楽しく読ませていただこうと思います。

…12月から、ね!(泣)

 
行徳野鳥観察舎での作品展示のお知らせ
2012年 11月 08日 (木) 19:23 | 編集
121108_03.jpg
わーなつかしい…ハコイリクロッキーって屋号の由来、箱入りな粘土たち。(乗ってるだけのもいるけど)
今月久々もしくは初めての生お披露目ですよ!


ということで、もひとつ作品展示のお知らせです。


ご縁があって、千葉県の行徳野鳥観察舎にて約2週間、作品を展示させていただくことになりました!

展示期間中にあるイベント「しんはま収穫祭」の日にはその展示に加えて、
後日販売予定の最近の羊毛作品と、過去の粘土作品も1日限りで展示する予定です。
収穫祭の日は現在手元に残っている作品を新旧ほぼ全て展示することになります。

そうそう無い機会だと思うので、見に来ていただけたら幸いです(^^)


11月20日(火)〜12月1日(土)
行徳野鳥観察舎2階
 羊毛フェルト作品
 ・小鳥のリース(カラ類混群)
 ・エゾユキウサギ
 ・エゾフクロウ
 ・ハクセキレイ
 ・キセキレイ
 ・セグロセキレイ
 ・キビタキ
 ・オオルリ
 ・カイコ(成虫、幼虫、繭)

11月23日(金・祝)
しんはま収穫祭(同じく行徳野鳥観察舎2階にて)
 粘土作品
 ・トラフズク
 ・ライチョウ
 ・シロイルカ
 ・ヤエヤマオオコウモリ
 ・ホッキョクギツネ
 ・シロフクロウ
 ・ハダカデバネズミのコロニー
 ・クレステッドゲッコー
 ・イエアメガエル
 ・サバンナモニター

 羊毛作品(約2週間展示の作品に加えて)
 ・アカアシガメ
 ・クサガメ
 ・ホッキョクグマ(成獣、幼獣)
 ・コウテイペンギン親子、雛
 ・ガラパゴスゾウガメ
 ・ヨツユビハリネズミ

  当日までに新作が出来ていればそれも持っていく予定です。

会場等詳細はこちら↓

行徳野鳥観察舎友の会

11月行事案内:行徳野鳥観察舎日誌

収穫祭当日は私も1日どこかしらにいると思います(^^)
稲の脱穀体験やマンドリンの演奏会があったりと楽しそうですよ〜最近こういった行事に参加出来ていなかったのでわくわくしております。いい天気になりますように!

 
「昆虫大学」に参加します
2012年 11月 06日 (火) 20:16 | 編集
121105kondaidm.jpg
11月17、18日(土日)
「昆虫大学」なるイベントに作品展示で参加させていただくことになりました。
詳しくはこちら、人気ブロガーメレ山メレ子さんのブログにて!→「メレンゲが腐るほど恋したい」

DM画像を見ていただければわかるかと思いますが、なにやら虫溢れる素敵イベントの予感です。

今年は虫イベント多いなぁ! それとも私がその世界に飛び込んで行ったからそう見えるだけだろか?
とにかく虫づいてます。おかげで我が家の本棚にも虫関係の本がずいぶん増えてきた…
今まで虫の世界は面白そうだけどとてつもなく広いからなんとなく敬遠していた面もあったのですが、難しく考えなくても興味を持ったはじっこから好きな分だけ楽しめばいいんですよね。何ごとも熱しやすいくせにめんどくさがりの私なので、子どものころからけっこう好きだったはずの虫の事をしばらくあまり真面目に見ようとせずに生きてきましたが、今年はなんだか積極的に楽しんでしまっています。
楽しいよ、虫。
気持ち悪いものは苦手なままでいい、かっこいいとかかわいい虫だけでもとんでもない数だからね。
姿から入って、ちょっと詳しく調べてみると生態が面白かったりして。
なんと言っても一番身近な生き物ですから

ってなんだかよくわからん語りを入れてしまいましたが

いよいよ寒くなってきておそらく今年さいごの虫イベント、
よろしければ我が羊毛カイコさんたちにも会いにきてやってくださいね。
いろんな作家さんの虫グッズも販売されてるので今から楽しみすぎます。

okaikosan.jpg
おかいこさんたちがお待ちしております!
(私の展示はカイコのみです。せっかくだから何か虫的新作を、と思ったけど時間が無い、無いのよ…涙)
(でも気分転換としてちまちましたものは作ったりしてるので何かしら持ってけるかも)
【羊毛フェルト】ホッキョクグマの赤ちゃん兄弟
2012年 11月 01日 (木) 18:09 | 編集
121101_01.jpg
少し前に作ったホッキョクグマの赤ちゃんに、兄弟ができました。
今度は元気に歩き回る姿。

前作は爪をつけていなかったのですが、今回一緒につけてみました。
小さな肉球と小さな爪をつける作業は少し根気がいるけど仕上げのぐっと可愛くなる部分なのでけっこう楽しいです。
背後に写っているのは当初母グマ予定だったけど、スケールがちょっと違ってしまったのでもう一匹ちゃんとこの子らの母を作る予定。
元母親候補の彼女にも子どもを作ってあげたいですね。時間が許せば、さらにお供も作りたいところ。


とうとう11月になってしまいました…
いろいろとお知らせせねばならぬことが控えているのに制作に追われててなかなか整理がつきません。
怒濤の11月を終えると今度はクリスマス前までに干支の制作。
いやはや。今年の年末は寝て過ごしたいものです(笑)
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...