色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
ボルネオの猛禽
2008年 09月 11日 (木) 23:05 | 編集
唐突にボルネオ写真です。

080911-01borneo.jpg
猛禽類はちょくちょく出てきてくれたが、大半がさっぱりわからなかった。
空港で買ったフィールドガイドに載っているか、日本に迷鳥として記録があるかでもしないとわかりようがない。

そんな感じで謎の猛禽。

一緒に写っているのは近くを乱舞していたアナツバメかなんか。
ワシのように大きくはなかったけど、悠々と飛んでいてなんとも威厳がある。
写真を拡大してみると、黄色い虹彩の鋭い顔つき。

なんだろうね。
ボルネオクマタカですか。そんなの存在しませんか。


とりあえずめっちゃカッコよかったよ!


画像追加。
100%サイズです。
080911-02borneo.jpg
大きさはハチクマ程度だったかなぁ。印象とかメモっときゃよかった。


追記。

たまむくんのコメントと、ボルネオに詳しいお方のご厚意により
ウォーレスクマタカ Spizaetus nanus 若鳥
と判明いたしました。お二方、ありがとうございます!

タイとボルネオの鳥図鑑を買うことにしたので、届いたら自分でも復習してみようと思います。
しっかし高いよ図鑑…買うけど。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
これ、ハチクマに見えるんですが違いますかね?
翼式も模様も合うんですが。
勉強不足なんでヨーロッパハチクマとの違いは分からないですが(激似すぎ!マジで!!)分布域的にはハチクマなんで。
それかボルネオクマタカでしょうね。
 
んなことより、下の子が気になりますね。一見ヒメアマツバメっぽいですけど、ちょっと白い部分が大きいような気もするし。。。

2008/ 09/ 12 (金) 20: 33: 07 | URL | たましぎ # -[ 編集 ]
うおっハチクマっすか!?
そうか、知ってる猛禽だっているかもしれないんだよな…目からウロコ。

そういえばハチクマって何気に日本でもこんなに近くで見たことなかったよ。
ロクに写真に撮ったこともなかったし、色彩変異多いから感覚としても全く体が覚えてくれてない。そもそもほとんど伊良湖でしか見てないし笑
こんな強そうな雰囲気のやつもいるんだなぁ、ほんとにかっこいい…

…と言いつつも、やっぱり顔形がどうしてもハチクマに見えないよう。
もうちょい頭が細長い気がするんだけど、どう??
いちお横姿写真も追加します。

カワリクマタカってのもいるのか。わけわからん。
もうすぐ伊良湖行くことだし、いい加減猛禽ガイドブックでも買って勉強しますです。


下の子はいい写真が無くてほんとよくわからないんだけど、写真によっては腹全体が白かった。
ヒメアマツバメではなさそうだよ~
何種類くらい分布するのかね。
2008/ 09/ 12 (金) 23: 17: 08 | URL | みき # -[ 編集 ]
パソコン壊れたー
ハチクマ、日本のはorientalisですが、恐らくボルネオはruficollisがメインなんですかね。もちろん冬はorientalisもいるでしょうが。亜種大好きですが、さすがに海外までは押さえてないんで難しいです。
 
しかし追加された写真を見てみるとカオグロクマタカSpizaetus alboniger の幼鳥に似ています。それかウォーレスクマタカS. nanus の幼鳥。このシメのような顔つき、初列風切に5列の鷹斑など。
両種の特徴として、幼鳥でも後頭部にワカンムリシよりも長い冠羽が付いてます。残念ながらこの写真では判りませんが。しかし両種の翼先分離は図鑑を見たところ7枚になっていますが、この個体は6枚。6枚というのはやはりハチクマみたいですが、よくよく考えると猛禽の翼先分離って図鑑によってまちまちなんすよね・・・。亜種なのか個体差なのか。。。
感じとしてはカオグロクマタカのように感じます。
カワリクマタカではないですね、模様が違いすぎます。
 
さてこっから本番、ヒメアマツバメ!!
向こうではアマツバメ類は分布が重なっているので混群風になっているのかも。
恐らく腹が白いのはシロハラアナツバメ、マレーアナツバメ(2005年日本発記録♪)、カンムリアマツバメ類を見られたんだと思います。
で、詳しく調べてみたんですが、やはりこの個体はヒメアマツバメ(ニシヒメアマツバメ)だと思います。
実は大陸のヒメアマツバメと日本で見られるヒメアマツバメはいろいろと違うので、ここ最近日本のヒメアマはApus nipalensis という独立種として扱ったりします。日本のはこんな喉白くないですもんね。
あ、和名はそのままヒメアマツバメで。従来のA. affinis はニシヒメアマツバメとなります。なんか面倒な和名の付けかたですが・・・。
恐らくボルネオはアマツバメ類はそんな多くないと思います。15種ぐらいじゃないですかね?
 
長いコメントだこと。
2008/ 09/ 13 (土) 00: 43: 01 | URL | たましぎ # -[ 編集 ]
あちゃー・・・。やっちゃいましたね。
2005年に記録されたのはヨーロッパアマツバメですね。マレーアナツバメは2007年初記録です。
ごめんちゃい。
2008/ 09/ 13 (土) 01: 00: 06 | URL | たましぎ # -[ 編集 ]
長いコメントありがとう!

なるほど、幼鳥か!
幼鳥とか現地で買えるフィールドガイドには載ってないからほんとわかりようがないね;
カオグロクマタカ成鳥の飛んでるのは見たんだけども。
あっちにはピョーンと長い冠羽を持った猛禽が多いみたいだね。
何度か遠くの木にとまってる姿を見た。けどシルエットで種はさっぱりわからず。

せっかく丁寧に教えてもらったので、この機会に図鑑を買うことに決定!
今注文した。タイのやつでよかったのかな。タイ行きたいな。


アマツバメって混群作ったりするのか!
それで白の入り方が違って見えたりしたのね、納得。
15種って私からしたらめちゃめちゃ多いよ~;
2008/ 09/ 14 (日) 12: 27: 14 | URL | みき # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ