色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
その他虫たち
2008年 09月 16日 (火) 20:10 | 編集
080916-01tefu.jpg
鳥に捕まりながらも生き延びてきたチョウ。
まっこと失礼ながら種類がわからじ。

080916-02siriage.jpg
シリアゲ!
と反応するようになってしまった。ヤマトシリアゲ。
雄は尻が上がってるんですよ。

080916-03siromadara.jpg
無数のアリとご馳走。
アリの正体は私にはわからないが、ご馳走の正体がシロマダラの幼体ってことはわかる。
生まれて一年くらいの子ヘビかな。大体何cmか測り忘れてしまった。
この林道でシロマダラ初めて見たのがこんな悲しげな死体とはなんとも。
いつか生きたシロマダラをこの目で見つけてみたいもんです。なかなか美しいヘビだしね。


林道の生き物終了。
次回は伊良湖岬かな?? 楽しみだー
関連記事
Comment
この記事へのコメント
はじめまして
履歴からお邪魔させていただきました。
一番したの蛇の幼体に蟻がむらがっている写真、口が開いているので蛇は生きているのかと思ってギョっとしてしまいました;
亡くなっていて良いわけじゃないんですけど、こういう場合だと亡くなっていて良かった…と思います(^^;)
2008/ 09/ 17 (水) 15: 56: 10 | URL | 猫山 # XMatgrFs[ 編集 ]
猫山さん、はじめまして!
そういえばfc2は足跡付くんですね、コメントありがとうございます。
しかしまさかこんな気色悪いものにコメントいただけるとは…嬉しいです笑

このヘビ、断末魔の叫びをあげてるかのようですよね。
アリにたかられている以外は特に外傷もなかったようだったので、何か体に異変が起きて狂うように死んでいったのやも。
謎ですが、車につぶされた死体よりは悲壮感が無いなと感じました。

グロい画像ではない、と判断して載せちゃったけど、私の感覚はすっかり麻痺しちゃってるんでしょうね(^^;
良く見りゃただの有機物の塊とアリの群れ…なんつって。
いやはやすんません。
2008/ 09/ 17 (水) 22: 05: 52 | URL | みき # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ