色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
飛翔
2008年 10月 09日 (木) 22:23 | 編集
081009-01hati.jpg
伊良湖と言ったら渡る鷹。
鷹の飛翔写真を過去3年より上手く撮る! と意気込んでいただけにこの惨敗っぷりにはショックを隠す気にもなりません。
それでもハチクマは今までで一番ちゃんと撮れてるんだけどね。
たぶん今まで見た中で一番、青空の中を割合低めにゆっくり飛んでくれたから。
この白いハチクマを見るのに憧れていたのでこれは嬉しかった。ミサゴみたい!

081009-02hati.jpg
ほかはこんなボヤっとした写真ばかり。これもハチクマ。
ちょっとイヌワシチックでかっちょいいでないかい。

081009-03misago.jpg
ミサゴ。
愛するミサゴがすべてブレていたという現実。
もっと感度を上げてしまえばよかったというんだろうか。
あんなにミサゴ自らサービスしてくれたというのに、不甲斐ないったらありゃしない。

こんな感じだったので主役のサシバもやたら多かったノスリもちょこちょこ出てきたチゴハヤブサも載せられないです。くやしいよ。また来年、だね。


081009-04isohiyo.jpg
そしてこれは渡ってもないし猛禽でもない、イソヒヨドリ♂若鳥の飛翔…
なぜかこれだけはブレなかった。
うん、イソヒヨの滑空する姿は好きですよ。



そうそう、チゴハヤブサといえば伊良湖で何個体か見たあと帰りに寄った掛川花鳥園で飼育個体を間近に見ることができ、さらに昨日会社帰りに寄ったハチクラに居た日本CBのチゴハヤくんを手に乗せることが出来たという、チゴハヤ盛りだくさんの一週間でした。幸せ。
ハチクラのチゴハヤ可愛かった…手を差し出すとすぐ乗るの。そんでパタパタ。
猛禽はいつか飼いたいわぁ。たぶんコノハズクだろうけども。


やはり鳥は良い。
 
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ