色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
羊毛フェルト
2009年 03月 28日 (土) 18:18 | 編集
090328-01.jpg
すでにデバのほうではアップしていますが

羊毛フェルト、始めました。


羊毛フェルトの存在自体はずっと前から知ってたし可愛いからやってみたかったけど、難しそうっていうのととくにきっかけがないのとでここまで縁はなく。しかしちょっと前にたまたま民放で、羊毛フェルトでスイーツを作るってのを明石さんまと他のゲストが女性の作家さんに教えてもらってやってて、なんか細い針でちくちくと刺してあっという間にかわいいのを作っちゃったのを見てしまいまして。なんだこんなお手軽なものだったのか…!! と衝撃を受けました。
でもそこで作ってたのがスイーツだったので、その時点では へぇ~ 程度で済んだんだ。

しかしその後ハダカデバネズミとの出会いによりなんでもかんでもデバにしたい欲がダダ漏れ始めます。そんなところに、先日のネックストラップ作りがちょうど重なって革用品を探しにユザワヤに足を運びましたさ。レザークラフトコーナーに目的のものが見つからず、ついでに(という割に積極的に)羊毛フェルト見てこ~っと軽いノリで羊毛コーナーに行ったら
見つけてしまったんだ

このデバ色を。

ほどよいピンク色が一袋だけ。
もはやハダカデバネズミ色と名付けても過言ではない(いや過言っていうか狂言)その色に私の目は釘付けになってその場から動けなくなり、「あと 白と 黒があれば… ……デバ作れる」とそんなことで脳みそが埋め尽くされてしまい、気付いたらニードルとマットのセットとこの3色を持ってレジに並んでいたのでした。
その時の妙な高揚感と背徳感ったらなかった。こんなことしてる場合じゃ…ないのに… って

それが先週の金曜の話。

私の中の誓いとして、
「ちっちゃいもの展終わるまで触らない。今はネンドでデバを作ることに集中するのだ」
というものが立ちました。立てた瞬間からグラグラ揺れてる不安定極まりない誓い。笑

そして土曜、ネンドでデバを作った。大変満足行く結果だった。デバ制作への不安は吹き飛んだ。
それはもう毎日楽しく「地中に暮らそう。」を更新してました。
しかしうっかり木曜に、ネンドデバを紹介し尽くしてしまってネタが途切れてしまった。


酒飲んで帰ってきた私がそこで取った行動が 禁断の羊毛フェルト制作
深夜0時、金曜から一週間ももたなかった誓いを解禁、羊毛グッズを開封、制作開始。


人からのメールをオール無視しながらチクチク刺し続けること3時間、初羊毛フェルト作品「ハダカデバネズミ」が完成。
この上ない開放感とともに2時間睡眠を取り、今週最後の出社、帰りにはまっすぐユザワヤへ寄り道して5色買い足し、深夜、2匹目のデバを作ってしまったという狂気の沙汰。正直ハダカデバネズミに取り憑かれている自分が少々怖い。なに二夜連続で羊毛デバ作ってんだ疲れてるのに

そんな感じで私の羊毛生活は始まってしまったみたいです。


今日明日はネンドデバを増やすぞ。
でも羊毛も解禁してしまったのでもう諦めて好き放題作ります。デバばっかりじゃなく、ね。
この白いマットはデバ色の毛がたくさん絡んでしまっているので、デバ専用に決定。
他の動物作るためにもう一枚買ってきましょうかね。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ