色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
剥製作るど
2010年 11月 16日 (火) 19:44 | 編集
32hakusei.jpg

ご縁があってフクロウの仮剥製を作ることになりました。
ここまでの大物は初めて。って言っても剥製なんて小鳥何羽かとコアジサシの仮剥製、上の写真のなんちゃって本剥製しか作ったことないのでまったくのシロウトなんですが…大丈夫かなぁ。でもきっとうまく出来ると信じてがんばる。

フクロウも難しそうだけど、サギも首長いから難しそう。一度皮を裏返さないといけないからね…
あとは嘴がやたらでかいのも大変だろうなぁ、サイチョウとか。笑


写真のサシバは黒島でたまたま出会って死を看取ってその場で剥製作って置いてきたのが4年前だけど、黒島研究所で無事に飾られているだろうか。作る時は防腐剤すらなくて、あとで防腐剤入れといて下さいねって島を後にしたけど大丈夫だっただろうか…もう虫に食われてしまっただろうか。ノブおじいは健在だろうか。所長さんはいじめられてないだろうか。
ていうか何度も曝してごめんよ島の中学生。もうこの子もきっと大学生くらいの歳だ、大きくなったかね。

しかしサシバのことを思い出すと本剥製を作ってみたい欲が出てくる。
仮剥製って学術的に、計測とか保存とかに便利なようにコンパクトにおさめてしまうからちょっと寂しいのです。
目も入れないし、お肉を脱脂綿に置換するだけみたいな感じがして…つっても目とかちゃんとしたの入れようと思ったら高いしそうそうできないんですが。

でも出来る限り可愛く作るよん。
しばらくは冷凍庫で眠っていていただくとして、まずは道具材料の買い出しと資料集めじゃー
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。