色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
ゴーヤに来る虫など
2011年 07月 17日 (日) 12:29 | 編集
今まで撮りためつつ紹介してなかった虫たちを一気にアップしちゃいます。

110707-06.jpg
カマキリベビー!
どうか来て欲しいと思いつつ、どうやって他で産まれてここまでたどり着けるだろうかと心配してたけど来てくれました! 見つけた時はうれしかった~

110712-08.jpg
私にはオオカマキリなのかチョウセンカマキリなのかさっぱりですが、どっちかかなーと思います。
今月4日に初めて見つけて、今日までずっと居座ってくれてるのでどうやらゴーヤの住人となったようです。
先日はチャドクガを食べてる現場に遭遇したし、たくましく生きて立派な成虫になってほしいですなぁ。
毎日この子を探すのが楽しみ。

…と書いた矢先、2匹いるのを見つけてしまった。
いつも見てたのより、一回り大きい幼虫。小さいほうが食われるのも時間の問題か。

110707-03.jpg
ちなみにこちらがチャドクガ。顔は可愛い。
食べられたのとはたぶん別個体ですが、お隣さんちの椿で育ったのが羽化して次々我が家にやってきている様子。
しょっちゅう交尾してる姿を見ます。成虫でも触るとしっかりかぶれるらしいのでご注意。

110712-11.jpg
アリんこ。一時期アリがいっぱいつるの上を行き交ってて楽しかったんですが、最近姿を見なくてちょっと寂しい。カマキリってアリ食べるのかなー
写真はクロヤマアリだったかクロオオアリだったか。その2種の他にも3種類ほどの小さいアリを確認。
身近なアリって意外と種類多いのね。

110712-09.jpg
ハチ。コハナバチの仲間かな?
ハチの類いもたぶん10種類以上来てますが、微小なやつらばっかりでどうも写真も撮れないし撮れても同定とかできません。なのにミツバチとかマルハナバチとかクマバチはうちには来ないのよね~

110712-01.jpg
なんか小さいハムシ。住人です。
これはいつもどれかしらの花の中でこんなふうに一日を過ごしている様子。
ちっとも動きません。虫もそれぞれ種類によってなのか性格が違って面白い。

110712-02.jpg
こちらはなんかテントウムシ。もう全然調べる気が起きなくなってます(苦笑)
テントウムシも3種類くらい見たかしら。定着してくれるタイプじゃないのであまりじっくり見られません。

110712-03.jpg
ちっさいコガネムシの仲間。
3種類くらい見た気がします。ドウガネブイブイも寝にきてたことがあったなー
実はこの小さいコガネの仲間が微妙に苦手だったりするんですがなんでかなと考えてみたらもしかして小学校のプールによく落っこちたのがぷかぷか浮いてた記憶が濃いからじゃないかしらと。あたふたした歩き方がどうもいかんのです。顔は可愛いんだけどね。

続きはあまり好きじゃない人が多そうな虫を。
110712-07.jpg
なんかでかいカメムシ。ちっとも調べようとせず申し訳ない。
汁吸われて痛んだらやだなーと思いつつ放置したけど大丈夫だったようです。カメムシも食わんゴーヤ…
他に1種類見ました。

追記。なんとなく調べて、クサギカメムシかな?と思っております。

110712-06.jpg
ハエ(笑)
ニクバエの一種、だそうです。
ちゃんと種類調べればただの不快害虫なら不快感が減るんじゃないかしらと思ったら、しっかり衛生害虫だったのでむしろ不快感が増したという… 何に味をしめたのか、しょっちゅう1匹だけ見かけます。
目が赤いのがなんとも…かゆい!

以上、ゴーヤに集まる虫蟲の一部でした。
最後がハエでごめんなさい。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ