色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の多肉たち
2011年 12月 21日 (水) 17:12 | 編集
我が家の多肉、最近の様子を一部。

111221-01.jpg
うちで唯一のハオルチアで唯一室内栽培の多肉、花鏡。
北側の寒い窓辺に置いてるもんだからあまり面倒見てなくて水やりをサボっていたらシオシオのベコベコになってしまっていたので、このままじゃ枯れると慌てて数日おきに水をやって毎日朝晩霧吹きしてやるようにしたら少なくとも親株はあっという間にパツンとなりました。子株はまだへこん。ビフォーな写真も撮っとけばよかったな。
あぁ、私のずさんな管理のおかげでハオルチアなのに透明窓が曇ってる。ごめんね。
しかしよく見ると真ん中に花芽が見え始めてます。わくわく。

いちおう昼間は外に、夜はいつもの寒い窓辺って管理を冬の間してみようかなーなんて思ってます。
春になったら子株を親離れさせようね。

111221-02.jpg
こちら外に放置のなんでもぶっ込みプランター。地味に気に入ってる。
去年の夏に平太のためにと買ったベビーリーフ栽培キットの成れの果て。
野菜を育て終わったあとそのまま放置し、雨に打たれて土が飛び散って減り、そんなどうしようもない白いプラスチックのプランターにポロポロこぼれた虹の玉やらブロンズ姫の葉っぱやカイガラムシに襲われて剪定したリトルジェムなどをぽいぽい放り込んで放置してたら案外調子よく生きてらっしゃる現状。水も雨にお任せです。
そんなんだからちっとも育ちゃしないんですけどね。

外に出しっぱなし放置で越冬出来ちゃうかしらとか目論まれてる可哀想な鉢ですがきっと大丈夫なんじゃないかと思っちゃってます。春にまたお見せできるといいのだけど。春まで耐えてくれたらちゃんとした鉢に植え替えてあげようかなとも思います。
でもそうやって大事にし始めた途端うまくいかなくなりそうなんて根拠も無く不安になるなど。
土のある庭だったら地植えにしちゃうんだけどねぇ。

111221-03.jpg
こちらはベランダでわりかしちゃんと管理されてる紅葉中の秋麗。
カイガラムシが成長点に潜り込んでたのを除去したせいでちょっと指の痕がきちゃない。
暴れ始めてるのでひとりだけ飛び出ちゃった写真。
後ろに写ってる黄色いのは銘月、横に虹の玉とブロンズ姫が植わってます。
みんなして伸びて下葉を落としちゃって足下すかすか。植え替えて何か足したい感じです。

基本カラカラの厳しめテラコッタなのであんまり育たなかったなぁ。来年はもうちょい優しくしようかしら

111221-04.jpg
そして我が家で一番日照を得られる物干し竿にぶら下がってるのはワーテルメイエリー。
いくらでも紅葉してほしかったのでここに。
花芽が伸びてるのでしばらくしたら咲いてくれるのでしょう。
でも、クラッスラの花ってそんなに好みじゃないのがざんねん。でも咲いたらちゃんとアップしよう。


…毎日様子見てるのに多肉の写真ってロクに撮ってなくてあまりお見せするもんがありませんでした。
せっかく一眼持ってるんだしもっと写真撮ろー
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。