色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
しんはま収穫祭ありがとうございました!
2012年 11月 24日 (土) 12:53 | 編集
昨日11月23日、行徳野鳥観察舎でしんはま収穫祭が開催されました。
あいにくの雨でしたが、地元の方をはじめたくさんのお客さんが来てくださいました!

121123_02.jpg
私の展示はこの内容。
ガラスケース2つ分、羊毛フェルト作品と粘土作品をずらっと並べさせていただきました。

121123_03.jpg
展示の前に置いたベンチに腰掛け、羊毛のおかいこさんたちを眺めながら昔ばなしに花を咲かせてくださるの図。
こうやってその生き物について語ってもらえるのが最高に嬉しいです。

121123_04.jpg
たくさん来ていたこどもたちも名前を読み上げながら楽しそうに見ていってくれました。

121123_05.jpg
野鳥観察舎なので、やはり一番人気は小鳥たち、カラ類の混群リース。
違うテーマで小鳥のリースなどはまた作りたいです。

121123_06.jpg
ハリネズミにクサガメ

121123_07.jpg
エゾフクロウとエゾユキウサギ
この2点は今回のために個人蔵のものをお借りしました。
こちらもなかなかの人気ものだったので、展示できて良かったです。ありがとうございます!

121123_08.jpg
こんな並べたことなかったので、壮観…動物園みたいで自分の作品ながらちょっとわくわくしちゃいました。
もっともっと作りたい!

121123_09.jpg
こちらは粘土作品たち、「ハコイリクロッキー」という名前の由来です。
暖かい地方のいきものたち。

121123_10.jpg
雪と氷の世界のいきものたち。

121123_11.jpg
地中の珍獣、ハダカデバネズミ。
おかいこ、小鳥のリースと並んで注目の的でした。やはり…
デバを知っている人は知識を披露してくれるし、知らない人はなんだこれー!なんだこれー!と
だいぶ昔の作品ですが、多くの人に見ていただきたいものだったのでまた日の目を見る事が出来て感無量です…
そしてこの中に50匹くらいいるんですよ!といちいちドヤ顔で語っていた私をお許しください(笑)


ほんとうに1日でたくさんの方に見ていただけて良かったです。
行徳野鳥観察舎友の会の皆様、ボランティアスタッフの皆様、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
お餅やマンドリン演奏会、折り紙などなど1日とっても楽しかったです!!

121123_12.jpg
あと余談ですが、野鳥やタヌキもじっくり観察できましたよ♪
また搬出の日に行くのが今から楽しみです。


121123_01.jpg
今日から12月2日(2日は15時頃には撤収の予定)まで約一週間はこのラインナップで展示されています。
急遽粘土作品も引き続き展示する事になったので、是非見に行ってみてください(^^)
 
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ