色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キタカササギサイチョウ
2008年 06月 23日 (月) 22:06 | 編集
080620-01kasasai.jpg

キタカササギサイチョウ Anthracoceros albirostris
リバークルーズ中、一番よく姿を見せてくれたサイチョウ。
カササギとつくだけあって白黒コントラストがはっきりしている。一番わかりやすいサイチョウらしいサイチョウといった感じ。
サイチョウBuceros rhinocerosよりずいぶん小柄…というかサイチョウがでか過ぎるんだろうね。あれは怪鳥だもはや。

080620-02kasasai.jpg

グライダーのように飛び去る別個体。
こいつはなんだかつるんとしてて角がなかった。これは若いとかいうことなのか???
<↑角が目立たない、嘴の先端が黒いことから♀成鳥だそうです。他の写真は全部♂成鳥とのこと。>
嘴、風切羽の黒白コントラストが美しすぎる。

080623-01kasasai]

別の日、別の場所で。やっぱりリバークルーズ中の、雨の降り出しそうな午後3時ごろの空。
川縁の高い木の上に陣取り、高らかに鳴いていた。遠くから別の個体の同じ声が聞こえてきて、数羽でなにやら鳴き交わしだかなんだかコミュニケーションをとっている様子だった。


キタカササギサイチョウの鳴き声をどうぞ…ちょっとだけだけど。
しかしこの動画サービス、しばらく使わないうちに画質がえらい低下してる気がするんだけどどういうことだ??
これじゃ動画としては見るに堪えないな…別のサービス探してみよう。
黒い点はカメラ内のどうしようもないゴミです。

080623-02kasasai]

ひとしきり鳴いて、飛び去っていった。ダイナミックな鳥である。

(ボルネオ キナバタンガン川)
関連記事
Comment
この記事へのコメント
パソコン調子悪い・・・。
サイチョウいいっすね~!!早く生で見てみたいです!!早く海外行きたい・・・。最近外国の野鳥がめっちゃ好きになっちゃってやばいっ!!!!
 
さて。
Anthrococeros coronatus はカササギサイチョウです。キタカササギサイチョウはAnthracoceros albirostris ですね。あとスペルも間違ってます。
ついでに亜種はconvexus。この亜種はカササギサイチョウと似ててちょっと迷った。勉強不足ですね。
 
2枚目の個体は角が目立たない、上嘴の先端が黒いことから成鳥♀かと。ほかの個体は成鳥♂。

 
キタカササギサイチョウは可愛らしさがあっていいですね!!ほかのサイチョウは怖い。。。
2008/ 06/ 24 (火) 01: 33: 52 | URL | 大学生鳥屋 # XMatgrFs[ 編集 ]
大学生鳥屋さん、はじめまして!
そろそろこんな熱いコメントが来るような気がしてたんだ!
なぜならある一つの図鑑をもとに種名学名を書いていたから…ボルネオの鳥のフィールドガイド。絵のやつ。どこかで間違いが多いって指摘されてたし、実際いくつも間違いを見つけてるから本当はぜんぜん信用しちゃいけないんだこれ。
時間が無いのを理由にこの図鑑からそのまんま書いちゃったけど、やっぱり書くなら書くでちゃんと調べたほうがいいし、調べられないなら書かないほうが良いです。と反省してるので次回からは間違いを減らす努力、及び書かないという道を生活に合わせて選んでいこうと思う。

というわけでありがとうたまむ先生!さっそく訂正するね。
キタカササギサイチョウ可愛いよね!!
なんかサイチョウの仲間ってひょうきんでかわいいイメージだったけど実は不気味なのが多いんだよね。THEサイチョウなぞは完全に怪物って感じでやばかったよ。あの存在感、信じられんでかい声、ぜひ現地で体感してほしいと思う。すげーよ。

そっか、カササギサイチョウに似た亜種のキタカササギサイチョウだったんだね…私はそんなことも知らんでキタカササギサイチョウだと断定してたよ、別亜種の姿すら知らなくて。図鑑を修正していかなきゃなぁ…てかまず絵も違ったりするからキリがないけど
たまむちゃんにボルネオ図鑑改訂して欲しいわ切に…

ところで雌雄とかは何で調べたの?? ネット? 洋書??
2008/ 06/ 24 (火) 23: 55: 35 | URL | みき # -[ 編集 ]
あ、ってことはこれってつがいだったのかも。
近くの木に2羽居たのにそうは思わなかったんだった。
その場でつがいだ!と思えたらもっと楽しかっただろうに…写真撮るのに必死だった笑
3泊の日程じゃそんな余裕無いもんなぁ。海外鳥見って難しいんだね。
2008/ 06/ 25 (水) 00: 03: 54 | URL | みき # -[ 編集 ]
あたしゃね、日本でも世界でも主にBirds of Thailandっていうイラスト図鑑使ってます。
この本は絵はまぁ、アレですが亜種や雌雄についてはそこそこ書かれているので使えますよ!!日本での迷鳥が亜種単位で載ってるんで。
 
今回はこの鳥はカササギなのかキタカササギなのかから始まり、亜種、雌雄年齢を見ていくのに、洋書(上記の図鑑)、和書(アジアの鳥扱ってるやつ)、動物園関係書物(サイチョウ関係結構強い)を使って、識別点や雌雄、亜種など調べ、最後にネットで確認って感じです。
 
亜種は尾羽が違います。亜種convexusは、まぁ写真のような尾羽ですが、亜種albirostrisはキジバトのような尾羽の模様してます。
カササギサイチョウの尾羽はまさに亜種convexusと一緒!!
 
雌雄に関しては亜種convexusと亜種albirostrisで♀の顔の模様が違っているのでまた厄介!!亜種albirostrisは下嘴の付け根にもデカイ黒斑が入るそうです。
 
あ、幼鳥の嘴の色は全面黄色って感じです。亜成鳥まではわかりませんでしたが。。。
 
 
海外鳥見は難しいでしょうね。だいぶ勉強していかなきゃならないでしょうし。
とりあえずメケテさんと蛇男さんのブログでボルネオの鳥勉強してから卒業旅行でどっか行きます!!

2008/ 06/ 25 (水) 02: 46: 21 | URL | スーパー鳥屋になりたい # -[ 編集 ]
ありがとう!ぐぐってみた。
4000円くらいのハードカバーのやつですね?
これでボルネオの鳥たちがすっきりするなら買うべきだよなぁ…ちょっとだけ迷ってみるけどすぐアマゾンで注文しちまおうかと思う!
次にボルネオとか行く時はもうちょいパワーアップして臨みたいものですよ。台湾も行きたいなぁ。

鳥の写真…期待に副えるほど撮れてないけどある限りはアップするからガシガシ指摘しつつ何かを得ていってちょ!
ほんともう、卒業旅行に便乗していきたいですわい。
2008/ 06/ 25 (水) 22: 27: 42 | URL | みき # -[ 編集 ]
わたくしブログの2/29にアフィリ貼ってるので確認してみてくださいな。私のはペーパーバック版ですが。
 
ただ私ゃ、ボルネオの鳥には疎いのでこの図鑑にボルネオの鳥がどの程度載っているかはわかりませんが。(カササギサイチョウは載ってない)
 
ヒタキ類はだいぶ多く掲載しているので役に立ちますよ!!今年日本初記録されたコクリュウコウイナダヨシキリが載ってるのが嬉しい!!名前カッコよす。あ、興味ない?そうですか。
ただ掲載種はちょっと少ない?ですが。でも960種以上載ってるんでボリュームありすぎですけどね。ホオジロ、ミズナギが弱すぎです。
新分類のため5種ほどまだ和名が無いってのも悲しいところですね。。。
 
ボルネオ行きたいっすね~!!とりあえず日本の迷鳥類攻めたいです!!
2008/ 06/ 26 (木) 01: 37: 57 | URL | 鳥屋的な物 # -[ 編集 ]
あれ?8千円のやつだったか。
買うならペーパーバック版のほうがいいのかな…気軽に開くって意味でも。

そういえばボルネオではわけわかんないヒタキぽいのが多かった気がするんだ!
写真もロクに撮れてないから今さら識別もできないんだけど、きっと役に立つと思う。タイとかあっちのほうも行きたいしね。

あ! てかアマゾンでボルネオの本検索してみたら帰国直後は欠品してた図鑑が在庫ありになってる! 1万円か…う~ん…ボルネオ行きたいねぇ…

私が見た日本の迷鳥でズガンと来たのはミドリカラスモドキとカタグロトビかな! 目が真っ赤シリーズ。
あぁだめだこんなことばっか言ってると会社辞めてポッと旅に出たくなるがや。
2008/ 06/ 28 (土) 00: 32: 59 | URL | みき # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。