色鳥々
羊毛フェルトなどの制作雑記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥多摩その2、シマヘビ
2011年 05月 16日 (月) 15:33 | 編集
110515-04.jpg
林道に入る直前の車道で、シマヘビ発見!
若々しい個体でした。もちろん詰め寄って写真を撮りましたとも。
あともちろんちょっと触らせてもらった。さらさらで、温かかった。日光浴してたんだね。

110515-05.jpg
こんな感じで撮影。近いです。ちょっと指咬まれちゃいました。脅かしてごめんよ~(悪気はあるよ!)

110515-03.jpg
見つけた時は、こんな感じでどーんと伸びて移動中のようでした。日光浴帰りだったのかな?
なんの取っ掛かりも無いコンクリートの上り坂はヘビにとって相当歩きにくいらしく、私が近寄ってもにょろにょろするばかりでなかなか進まない。すごく力強く素早く必死ににょろにょろするけど本当に進まない。

横道に逸れてうっかり車に轢かれるのも残念だし、ちょっと進めば落ち葉たくさんでそのまま山に登って行けそうな斜面に差し掛かるような場所だったので、下半身を押し上げる感じで手を添えてサポートしてやったら水を得た魚のようにスイスイーっとコンクリート上を進んで行きました。実際は恐怖恐怖のありがた迷惑なんでしょうけど

で、落ち葉地帯に差し掛かった途端恐ろしいスピードで走る走る!!
あんまりすごいもんだから面白くて動画撮影しながら追っかけてみました。
音有りです。かなりにょろにょろしてるのでそういうの苦手な人は見ないほうがいいレベル。
チヨチヨビーって鳥の声はセンダイムシクイです。

足も無いのによくもまぁこんなにスピードが出ること!
気持ち悪いと思われるかもしれませんが彼らもこう進化した以上は必死です。彼らの武器は、急所でもある頭。人間に出くわしたら逃げたいのはヘビのほう、咬んでくるのは追いつめられた最終手段。猫に追いつめられたネズミみたいなもんですね。
そう思っていながらヘビを追いつめて咬まれる私はどうしようもない人間です。
ヒバカリ!
2011年 05月 08日 (日) 19:07 | 編集
110508-01.jpg
つい先日、日暮れ時にいつもの森を散歩してたら旦那がヘビ発見!
慌てて駆け寄るも、お尻がスルスルと落ち葉の間に消えていく姿を見送ることしか出来ず、体色とウロコの感じからヒバカリかな?と推測するしか出来ませんでした。悔しいこと悔しいこと。

どうやらヒバカリは薄明薄暮性らしいのでまた夕方に散歩すれば会えるかなーと今日も夕方を狙って出かけたところ、また旦那が発見。私は殺気が出過ぎてていつもヘビを見つけられないのよね…それに引き換え旦那はヘビが苦手なほう。嫌いな人ほどほんと良く見つけるもんですな(笑)

今回もまたシュルシュルーっと落ち葉の間に消えて行こうとしていたので尻尾を掴んで捕獲。
カナヘビかと思うような素早さでした。掴んだ瞬間に臭い汁出すわ咬もうとするわ、可愛い奴め!

110508-02.jpg
こんなちっさい子ヘビでした。前回遭遇したのはもっと大きい個体だった。
体の途中から不自然に太くなってるのは、ミミズでも飲んだ後だったのかな?

とりあえずこの森にはヒバカリが居る事を確認。
あとはアオダイショウとかマムシなんかを期待してるけど夏の間に会えるかしら。
久々のヘビ遭遇&捕獲に大興奮でした。いじめてごめんねー
こうらぼし
2011年 03月 31日 (木) 00:56 | 編集
今日ものんびり川さんぽ。
昼過ぎに出て、普通に冬用の上着を着て出てしまったことを後悔するほどのぽかぽか陽気でした。

110330-01.jpg
もちろんそんな日には、川に棲むアカミミガメたちが石にあがって甲羅干し。
今日はハンディカム持ってったので大きく撮れました。
先日3匹一緒に写ってたうちの同じ2匹ですかねー 大きいほうの甲羅がなかなかまるっと美しい

110330-02.jpg
こちらちょっとピンぼけ白飛びで見辛いですが、同じくミシシッピアカミミガメの別個体。
泥しょって乾いて真っ白になっている。

今日はほんとに散歩日和だったようで、川さんぽを楽しむ人たちがたーくさんいました。
カワセミがピピーッと飛ぶたびに走って追いかけては写真を一生懸命撮っていたお兄さんが、私がハンディカムを向けている先にカワセミがいると思ったのか近づいてきて、カメと知って去っていったり。
自転車巡回中のおまわりさんが、私の足下に餌くれーとわらわら集まる鯉を指して何の魚か聞いてきたり。
毎日3回も川さんぽしてるという初対面のおばあさんが、あっちにもカメいるわよと教えてくれてしばらく世間話したり。
…ってこれだと散歩楽しんでるのはおばあさんだけじゃないか。


生き物見てて、見知らぬ人同士でちょっとした会話が生まれたりする、そんなひとときがけっこう好きです。
早戸川林道でマムシ!
2010年 09月 21日 (火) 11:55 | 編集
100918-01.jpg
3連休初日はちょっと懐かしの宮が瀬は早戸川林道へ。
生き物的にはかなり中途半端な時期なので鳥は期待出来ないけど、きっとたくさんのニホントカゲとヘビ1本くらいは出ることを期待して。
いい天気!

100918-04.jpg
久々にハンディカムを置いてE-520に望遠レンズをつけて出かけてみた。
鈍ってて大変だけどやっぱり一眼は一眼で楽しい。もっと使って練習しないとね。

100918-05.jpg
ニホントカゲはやっぱりたくさん出てきてくれました。
遠くから気付ければこんなリラックスした表情も見せてくれたり。スキンクは可愛いなぁ。

100918-02.jpg
そしてヘビもちゃんと出てくれた。マムシ!!!
ヘビマンションの探索に夢中で目の前を横切ろうとするのに気付かず、旦那が先に見つけてくれたのですが。
この日の何をも差し置いて一番嬉しかった出会い。マムシなんてほんと何年ぶりだろう!

100918-03.jpg
狂喜乱舞で接近したまではよかったが、前方からやってきた自転車のおじさんが遠くから
「ヤマカガシ?」
と聞いてきたのでマムシですと答えると、
「子どもがやられるから見つけたらつぶしてるんだよー」
とのことで、自称マムシバスターのおじさんが見てる手前なんだかやり辛くて慌ててたらろくな写真も撮れずに逃がしてしまったのは本当に残念。ヘビの扱いは上手くないし毒蛇だからおいそれと掴めないし、中途半端にちょっかい出してるうちにさよならしてしまった。こういう出会いを無駄にしないよう精進せねばなぁ。旦那も含めて周囲にいた男性3人に完全に引かれてたのも気まずかったわいね。

しかしこのマムシは私たちに先に出会ったおかげでマムシバスターに轢かれずに済んだのでした。
子どもたちよ、こんなもんに近づいて咬まれるんじゃないぞ。
copyright (C) 色鳥々 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。